光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

EricssonがMobility Report最新版のサマリーを発表

期間限定無料公開 有料

期間限定無料公開中
 Ericssonは6月21日、Ericsson Mobility Report最新版のサマリーとして、以下の内容を発表した。

5Gは、これまでで最も急速に成長しているモバイルテクノロジー

 北米は、今後5年間で5Gサブスクリプションの普及率で世界をリードし、この地域の10契約のうち9サブスクリプションは2027年までに5Gになる。現在のグローバル5Gサブスクリプションが2022年末までに10億マイルストーンを超えると予測している。
 2027年のタイムラインには、5Gが占める予測も含まれている。西ヨーロッパのサブスクリプションの82%。湾岸協力理事会地域の80パーセント。北東アジアでは74%だ。
 5Gの展開がまだ始まっていないインドでは、5Gは2027年までに全サブスクリプションの40%近くを占めると予想。世界的には、5Gは2027年までに全サブスクリプションのほぼ半分を占め、44億サブスクリプションを超えると予測している。

 世界のモバイルネットワークデータトラフィックは、過去2年間で2倍になった。
 このトラフィックの増加は、スマートフォンやモバイルブロードバンドの使用の増加、社会や産業のデジタル化によって推進された。最近の統計と予測は、世界的なCovid-19パンデミックと地政学的な不確実性にもかかわらず、データ接続性とデジタルサービスが持っている、そして今後もそうであると予想されている強い需要を強調している。毎年数億人が新しいモバイルブロードバンド加入者になりつつある。

 5Gが以前のすべてのモバイルテクノロジー世代よりも、速く拡大していることも検証されている。現在、世界人口の約4分の1が5Gカバレッジにアクセスしている。2022年第1四半期だけでも約7,000万件の5Gサブスクリプションが追加された。予測では、2027年までに世界人口の約4分の3が5Gにアクセスできるようになるという。

 EricssonのEVP兼ネットワーク責任者であるFredrik Jejdling氏は「最新のEricsson Mobility Reportは、5Gがこれまでで最も急速に成長しているモバイルテクノロジー世代であることを確認しており、Ericssonはそれを実現する上で重要な役割を果たしている。私たちは世界中のお客様やエコシステムパートナーと毎日協力して、何百万人もの人々、企業、業界、社会ができるだけ早く5G接続の恩恵を享受できるように取り組んでいる」とコメントを出している。

 レポートはまた、ブロードバンドサービスの提供において固定ワイヤレスアクセス(FWA)が果たす役割がますます重要になっていることを強調している。FWA接続数は2022年に1億人を超え、2027年までに2倍以上の2億3,000万人に達すると予測している。
 IoTについては、2021年にブロードバンドIoT(4G/5G)が2Gと3Gを追い越し、すべてのセルラーIoT接続デバイスの最大のシェアを接続し、すべての接続の44%を占めたとレポートは述べている。
 大規模なIoTテクノロジー(NB-IoT、Cat-M)は、2021年に約80%増加し、3億3,000万接続近くに達した。これらの技術によって接続されるIoTデバイスの数は、2023年に2G / 3Gを追い越すと予想されている。

インドの洞察

 インドでは、モバイルブロードバンドは政府の“Digital India”イニシアチブを実現するための基盤として位置付けられている。インドのモバイルネットワークは、インドのサービスプロバイダが今年5Gを開始する準備をしているため、社会的および経済的包摂を推進する上で重要な役割を果たし続けている。
 4Gは、インドにおける接続性の成長を牽引する主要なサブスクリプションタイプだ。4Gはインドのモバイル契約全体の約68%を占めているが、その貢献は2027年には55%に低下すると予想されている。4Gのサブスクリプションは、インドでの5Gの導入後に加入者が5Gに移行するにつれて、2027年には年間推定7億のサブスクリプションに減少すると予測されている。
 インドでは、5Gネットワークの商用ローンチが2022年後半に予定されており、強化されたモバイルブロードバンドが最初の主なユースケースになると予想されている。5Gは、2027年末にこの地域のモバイル契約の約39%を占め、約5億の契約がある。

 EricssonのSEA、オセアニア、インドのネットワークエボリューション責任者であるThiaw Seng Ng博士は「インド地域の総モバイルデータトラフィックは、2021年から2027年の間に4倍に増加すると推定されている。これは、スマートフォンユーザ数の急増とスマートフォン1台あたりの平均使用量の増加に牽引されている。インド地域のスマートフォン1台あたりの平均データトラフィックは、世界で2番目に高い。2021年の月間20GBから2027年には月間約50GBに成長すると予測されており、CAGRは16%だ」とコメントを出している。

インドにおける5Gの未来マッピング

 Ericssonが後援する調査コンサルタント会社Omdiaの新しい調査によると、インド企業の半数以上(52%)が今後12か月以内に5Gの使用を開始したいと考えているという。さらに31%は、2024年までに5Gを使用すると予想している。
 様々な業界の326人のビジネスエグゼクティブは、5Gはデジタルトランスフォーメーションを可能にする重要なテクノロジーであると考えている。5Gのトップランクの利点は、自動化と新しい働き方を可能にする優れたネットワークパフォーマンスだという。

 この調査では、価格よりも経験の質が顧客を5Gの購入に駆り立て、インドの通信市場の競争ダイナミクスを変えていることを強調している。企業が特定する5Gのユースケースのトップは、強化されたコンテンツストリーミング、リアルタイムビデオ分析、自律走行車やドローンの制御だ。

 インドの市場環境は、5Gをサポートするスマートフォンの所有率の上昇により、発売前に改善している。Omdiaの調査によると、世界の5G市場の経験に基づいて、インドのサービスプロバイダは、消費者や企業が購入する5Gサービスを提供するために、スペクトル資産のバランスの取れたポートフォリオも必要としている。これらには、カバレッジ用の低帯域スペクトル、容量用のミリ波、および両方のミックス用のミッドバンドが含まれる。

研究の著者らは、5Gの展開は4Gとは大きく異なると予測

 5Gはより多くのサービスオプションとユースケースを提供する。世界的には、公共の5Gおよび5G固定無線アクセス(FWA)は、今日、消費者と企業の間で最も普及している5Gサービスだ。
 企業はパンデミックの経験から、デジタルトランスフォーメーションの展望を加速させており、ビジネスリーダーは5Gを組織のデジタルトランスフォーメーションを推進できるトップテクノロジーと見なしている。

編集部備考

  • Cienaは1月、Vodafone Idea(以下、Vi)がインド全域の5Gバックボーンで、Cienaの第5世代コヒーレントオプティカルソリューションを選択したと発表している。
    その背景についてCienaは「インドのコンシューマ、エンタープライズ、コンテンツプレイヤーは、よりスマートなデジタル体験を取り入れようとしている。Cienaのソリューションにより、Viの新しい300G/400Gバックボーンネットワークは、エネルギーとコスト効率の高い方法で規模とパフォーマンスが向上する」としている。
    Vodafone Ideaは「データに対する需要の高まりには、今後数年間を見据えた大容量かつ回復力のあるネットワークが必要だ。Cienaは、Vi加入者が世界クラスの高可用性でスケーラブルな接続を体験し、将来的にクラウド、IoT、および5Gのメリットを実現できるようにする」としている。(当サイト内関連記事)
  • インドでは、鉄道ネットワークの無線高速化の取り組みもある。Nokiaは1月、Alstomと協力してインドの高速鉄道ネットワークにプライベートワイヤレスを展開すると発表した。
    これはLTE/4.9G技術であり、デリーからミールートを結ぶ、国家首都地域輸送公社(NCRTC)の地域高速輸送システム(RRTS)で展開される。欧州列車制御システム(ETCS)レベル2シグナリングをサポートし、現在建設中の高速鉄道路線の利用者の安全を維持するという。Nokia は「2025年に完全に稼働する予定の低排出RRTSは、移動時間と道路の混雑を減らすために、平均速度100kmphで多くの人々を運ぶ予定だ」とし、「ETCS向けLTE/4.9G技術の導入は鉄道事業者にとって重要な資産であり、未来鉄道移動通信システム(FRMCS)への円滑な移行への道を拓く」としている。(当サイト内関連記事)

関連記事

モバイル/無線

無料 Dhostが、新しいブランドアイデンティティとAPACにおけるテクノロジー・ソリューションの拡大を発表【エクシオグループ】

 エクシオグループは6月24日、グループ会社である「ビル内ニュートラル・ホスティング・サービス※」を提供するdhost(ディーホスト)の新しいブランドアイデンティティを日本で発表した。  エクシオグループは「Dhostは…

更新

続きを見る