光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ
データセンタ/LAN

無料 世界初の200Gbps対応大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」ポータブル型・200Gモデルを開発【東陽テクニカ】

 東陽テクニカは4月19日、自社開発製品の大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」シリーズの新製品として、200Gbps対応のポータブル型を開発したと発表した。  「SYNESIS」シリーズでは、主要なイ…

更新

続きを見る

特集

有料 光メディアコンバータ・イーサネットスイッチの需要動向や、非通信分野へのPoEスイッチ市場拡大の期待【パナソニックLSネットワークス(旧:パナソニックESネットワークス) 】

 IoT向けスイッチングハブソリューションを提供しているパナソニックESネットワークスは、4月1日よりパナソニックLSネットワークスに社名を変更した。LSはlife Solutionsを意味する。同社のL…
更新

続きを見る

映像伝送/CATV

無料 三重テレビ放送長谷山送信所(親局)の被災停波時における放送の協力体制に関する協定書の締結と協力体制の運用開始

 三重県ケーブルテレビ協議会参加8局(*1)およびケーブルコモンネット三重(以下、甲と言う)と三重テレビ放送(以下、乙と言う)は4月12日、乙の長谷山送信所(親局)が事故・災害等により停波した場合に緊急の放送回復のための…

更新

続きを見る

テレコム

無料 光アクティブデバイスの評価時間を従来機の1/2以下に短縮した光スペクトラムアナライザ MS9740Bを販売開始【アンリツ】

次世代5Gモバイルやクラウドサービスで使われる、光アクティブデバイスの生産性向上に貢献  アンリツは4月11日、光通信システムで用いられる光アクティブデバイスの出力特性を評価できる光スペクトラムアナライザの新製品MS97…

更新

続きを見る

月刊OPTCOM電子版

2019年 5月号 No.362