光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

CityFibreが、英国のマルチテラビットDWDMプロジェクトの一環として、最初の800Gbpsバックボーンリングを導入

海外TOPICS 有料

 CityFibreは11月24日(ロンドンとハノーバ)、Cienaと提携して、初の800 Gbpsバックボーンの導入に成功したことを発表した。
 これは、英国で800万の施設に達するフルファイバ デジタル インフラストラクチャを構築するCityFibreの道の重要なマイルストーンとなる。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

海外TOPICS

有料 FIBERSTAMP が800G QSFP-DD PCCを発売

 FIBERSTAMPは6月22日、パッシブDACケーブルアセンブリ800G QSFP-DD PCCを発売したと発表した。  同社は「112G PAM4 DACサーバ相互接続の限界を打ち破り、800Gデ…
更新

続きを見る