光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

京都市上下水道局とのIoTを活用した水道スマートメーターの導入に向けた共同研究に参画【NEC】

IoT/AI/VR 無料

積雪の多い山間部における効率的な遠隔検針に向けて、LoRaWANの実効性を検証

 NECは12月18日、京都市上下水道局が民間企業との共同研究として実施しているIoTを活用した水道スマートメーターの試験的導入と電波状況確認試験に参画し、LoRaWANの実効性を検証すると発表した。この共同研究は、2018年12月~2019年5月の実施を予定している。

京都市山間地域におけるLoRaWAN検証のイメージ図

 この共同研究はIoTの各通信方式を用いて、京都市左京区の山間地域の一部(久多、広河原、花脊、別所及び百井地域)で実施される。試験的に導入される水道スマートメーターは、計測した使用水量等のデータを通信回線で遠隔地に自動送信することができる。これにより、現地に出向くことなく検針することが可能となり、業務の効率化とともに、取得したデータの活用により「使用水量の見える化」等のユーザサービスの向上や、漏水の早期発見等が可能となる。
 NECは広河原及び百井地域において、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」の一つであるLoRaWANの伝搬状況(上下水道局施設に仮設した無線基地局までの通信状況)の確認を、無積雪期と積雪期の両方に行う。また、電池のみで長期間のデータ送信が求められるLoRaWANデバイスの電池消費量も確認する。これらにより、より実環境に即したLoRaWANの実効性を検証する。また、将来の本格導入に向けて効果や課題の検証も行うという。
 LoRaWANは低消費電力かつ広範囲でのデータ収集に適したIoT向け通信ネットワークとして利用拡大が見込まれている。NECもLoRaWANネットワークサーバを提供し、LoRaWAN関連企業とのパートナープログラムを開始するなど、IoTを活用したサービスの創出・普及を推進している。
 NECは「社会ソリューション事業に注力しており、今後もLoRaWANの利用促進に向け取り組むことで、IoTを活用した安全・安心で効率・公平な社会の実現に貢献していく」としている。