光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

光デバイス/光通信システム設計環境「RSoft」最新バージョンを販売開始【サイバネットシステム】

IoT/AI/VR 無料

AR/VR システムの小型化/軽量化設計をより簡単正確に

 サイバネットシステムは12月18日、Synopsys社が開発し、サイバネットシステムが販売・サポートする「光デバイス/光通信システム設計環境RSoft(アールソフト)」の最新バージョンRSoft Photonic Component Design Suite ver. 2018.12およびRSoft Photonic System Design Suite ver. 2018.12の販売を開始したと発表した。

Photonic Component Design Suiteの主な機能強化

 最新バージョンVer.2018.12では、AR/VR システムの小型・軽量化に欠かせない回折光学素子の設計に必要なBSDF機能が強化された。
 照明設計解析ソフトウェア「LightTools(ライトツールズ)」を用いて小型AR/VR システムの設計を行うとき、RSoft のシミュレーションによって得られる回折光学素子の特性データファイル(BSDFファイル)を付与した条件で解析を行うことができる。このバージョンでは、RSoft で作成したBSDF ファイルをLightTools のゾーン回転機能に対応させることができるようになり、領域ごとに回転させたデータが必要な条件でも、モデル作成を簡単に行えるようになった。

LightTools Zone回転に追従したBSDF特性の回転

60度回転対象構造

 また、BSDF ファイル生成時に利用可能な回転対称条件が、これまでの90 度と360 度に加え、単一角度、45 度、60 度、90 度、180 度にも対応できるようになり、回転対称構造での計算時間を大幅に短縮できるようになる。
 さらに、BSDF ファイル生成時に波長を不均等間隔で設定できるようになった。RGB の正確な光源波長を指定した条件でBSDF ファイルを出力する際、光源波長ごとに複数のデータを出力させる必要がなくなるため、作業効率が大幅に改善される。
 その他、下記の機能も強化された。

  • BSDF ファイル作成時の構造はX 軸、Y 軸、もしくはZ 軸方向の条件でも計算可能
  • 任意のX, Y, Z 位置でのGDS ファイルの出力、及びレイヤー番号を指定してのインポート
  • XY 平面上へのGDS ファイルインポート機能のベータ版を搭載
  • FemSIM、ModePROP でのファーフィールド生成機能の追加

Photonic System Design Suiteの主な機能強化

OptSim Circuit で以下のファウンドリに対応

  • TowerJazz PH18 PDK version PHS18.2
  • SMART Photonics PDK
  • AIM Photonics Infinera PDK version 1.0