光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

三井情報が、JTOWER、シスコ、AirspanとオープンRAN環境での実証実験成功

DX/IoT/AI 無料

インフラシェアリングによるサステナブルなローカル5Gの普及をめざす

 三井情報、JTOWER、シスコシステムズ(以下 シスコ)、エアースパン・ジャパン(以下 Airspan)は10月18日、JTOWERが提供する「ローカル5G共用装置」とシスコのハイブリッドクラウド型ローカル5Gコアネットワーク「Cisco Private 5G」、Airspanの基地局で構成したオープンRAN環境での実証実験に成功したと発表した。
 4社は「本取り組みを通じて、4社が協力して日本国内におけるローカル5G設備のインフラシェアリングを促進することで、資材および工事工数の削減、省電力化等により環境負荷を低減するサステナブル(持続可能)なローカル5Gの提供をめざす」としている。

 ローカル5Gの導入においては、企業や自治体が各自で通信設備を用意する必要があり、それらにかかる設備投資、装置の設置工事などの投資が導入時の障壁になっている。
 JTOWERが提供するローカル5G共用装置では、ローカル5G対応の光中継DASにより、基地局から届く電波をデジタル信号に変換し、光ケーブルによって分配することで、ビルや工場などの大規模な建物内や地下空間等において、効率的にネットワーク構築ができる。また、設備の一部は、携帯キャリアや複数のローカル5G事業者で共用することもできるため、省スペース化、省電力化、資材や工事工数の削減などを図ることが可能だ。
 「Cisco Private 5G」も複数のローカル5G事業者で管理機能を共用するハイブリッドクラウド型で提供し、Airspanでは5G基地局を構成するRU、DU、CUを単一筐体で提供する基地局の販売を予定していることから同様の効果が期待でき、企業や自治体のローカル5G導入時の負担をさらに軽減する。

 今回、4社は国内のローカル5G導入の加速に向けて、「Cisco Private 5G」、Airspanの基地局、JTOWERのローカル5G共用装置で構築したオープンRAN環境において、通信試験を実施し、成功した。この取り組みでは、シスコおよびAirspanのパートナーであり、ローカル5G導入実績を持つ三井情報が、無線技術を必要とする環境構築や試験実施について全面的に支援したという。

接続試験時の構成図


各社役割

今回の取り組みによる成果

オープンRAN基地局等による異なるベンダ間の相互接続の実現
 この取り組みではオープンRANで期待されているAirspanの基地局とシスコの「Cisco Private 5G」といった異なるベンダ間の機器、ならびにJTOWERのローカル5G共用装置を相互接続し、クライアント端末からローカル5Gコアネットワークの先にあるテストサーバまでの通信を確認した。

効率的なネットワークの構築
 この取り組みにより、ローカル5G利用者がJTOWERとシスコが提供する装置を組み合わせることで、ネットワーク構築期間の短縮、設備投資の削減、運用の負荷軽減といった効果が得られることを確認した。ローカル5G利用者は、シスコのハイブリッドクラウド型ローカル5Gコアネットワークを利用することで、重厚長大なコアネットワークの構築・運用をする必要がなくなる。また、 JTOWERのローカル5G共用装置の設置により、施設の特性、取り組みに応じた最適なネットワーク設備が選択できる。

 4社は「この取り組みでは、異なるベンダのローカル5G共用装置、基地局、ハイブリッドクラウド型ローカル5Gコアネットワークで構築されたオープンRAN環境における接続性が確認できた。今後、4社は企業や自治体の課題解決や新たな価値創造の実現に向け、ローカル5G設備のインフラシェアリングを強力に推進し、サステナブルなローカル5Gの普及に貢献していく」との考えを示している。

ローカル5Gネットワーク(End to End)の実現イメージ

関連記事

DX/IoT/AI

無料 大江戸線都庁前駅にて5G活用プロジェクトを開始~ローカル5G、AIカメラ、AIサイネージ、ARナビゲーション~【JTOWER、NTT東日本、FCNT、ニューラルポケット】

 JTOWER、NTT東日本、FCNT、ニューラルポケットは10月19日、東京都交通局の協力のもと、都営地下鉄大江戸線 都庁前駅にて5Gを活用した実証プロジェクトを開始することを発表した。  四者は「本プロジェクトは、東…

更新

続きを見る