光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

リコーとシスコがクラウドソリューションの提供に関しグローバルな戦略的提携に合意~オフィス機器ビジネスから見たクラウドネットワークとサイバーセキュリティ~(1)

SpecialReport 有料

 リコーとシスコシステムズ(以下、シスコ)は2月26日、高い生産性とセキュアな環境を両立するデジタルワークプレイスの実現に向けたクラウドソリューションの提供に関し、グローバルな戦略的提携に合意したと記者会見を開いた。これにより両社は今後、クラウド、ネットワーク、デバイスの3つのレイヤーで、よりシンプルでセキュアな環境を提供するためのソリューション開発に共同で取り組み、顧客のデジタル変革と生産性向上を支援していくという。リコー 代表取締役 社長執行役員 CEOの山下良則氏はこの提携に至る経緯について「シスコ社がグローバルでお使いいただいているリコーの複合機がどのくらいセキュアなのかを、シスコ社の技術で確認していただいた。さらにクラウドセキュリティをシスコ社の技術で実際に使っていただいたことで、複合機のあらゆる機能を安全、安心に使って頂けることが確認された。これからもう一歩、協業しながら技術を拡大していきたいというのが、今回の協業の骨子だ」と話している。

 デジタルワークプレイスが推進されている中、IoTデバイスに対するサイバーセキュリティは、安全な社会経済活動を確保するための重要な課題となっている。IoT機器を狙ったサイバー攻撃は近年増加傾向にあり、特にオリンピック開催国からは開催期間中にサイバー攻撃が増加したとの報告も出ている。今回リコーが提携を結んだシスコは、2018年12月18日に日本の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とサイバーセキュリティ分野における連携・協力に関する基本合意書を締結するなど、日本を取り巻くサイバー空間の安全の確保に貢献している企業だ。

 今回のレポートでは、複合機ビジネスから見たクラウドソリューションの利便性、セキュリティの重要性、そしてリコーとシスコによる協業ソリューションの事例について、会見の内容をまとめた。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。