光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

EricssonがWIND Hellasに5G SA、5G NSA、BSSを提供

海外TOPICS 有料

 Ericssonは12月1日(ストックホルム)、5G SAおよび5G NSAのモバイルコアネットワークベンダとして、またBSSパートナーとしてWIND Hellasによって選抜されたと発表した。Ericssonは「Wind Hellasの既存の2G/3G/4Gパケットコアとシグナリングインフラストラクチャに強力な変革をもたらし、初のスタンドアロン5Gネットワークを導入できるようにする」としている。

 WIND Hellasは、このセキュアなクラウドネイティブのコンテナベースのエリクソンデュアルモード5Gコアにより、顧客のデータ需要の高まりに対応できる。例えば、ネットワークスライシングなどの拡張機能により、エンタープライズ分野で生まれている新たなビジネスをサポートできるようになる。
 また、WIND HellasはEricssonのデジタルBSSソリューションにより、オペレータが顧客体験を向上させ、新しい5Gサービスの収益化を支援するという。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事