光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Zayoが北米と西ヨーロッパで31の400Gロングホールを展開

海外TOPICS 有料

 Zayo Group Holdingsは8月23日(ボルダー)、北米と西ヨーロッパに31の400Gロングホールを展開する計画を発表した。
 クライアント側の400Gが利用可能になることで、Zayoは基盤となるグローバルネットワーク全体でマルチテラビット容量を提供し、伝送速度の向上、ビットあたりのコストの削減、データ転送速度の向上、帯域幅容量の大幅な向上が可能になる。
 Zayoは「将来のネットワークニーズを見越して大幅な速度向上を展開しており、一部の地域では最大800Gの伝送が可能になる」としている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

テレコム

無料 FXCが“2022 年NICT 雪まつり実証実験”に参加

 FXCは3月29日、NICT主催の「超高精細映像遠隔配信実験2022」において、2月に開催された“さっぽろ雪まつり”会場を基点に札幌、大阪、沖縄の各拠点を結んだ「2022年NICT雪まつり実証実験」に参加したと発表した…

更新

続きを見る