光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Verizon と AWSが、5G モバイルエッジコンピューティングを米国の19の大都市圏に拡大

海外TOPICS 有料

 VerizonとAWSは5月25日(バスキングリッジ)、5Gモバイルエッジコンピューティング展開でテネシー州ナッシュビルとフロリダ州タンパを追加したと発表した。

 両社は「これにより、米国の19の大都市圏に拡大した。つまり、米国人口の75%が波長帯から150マイル以内にいるということだ。コンシューマにとって、使用するアプリケーションの近くにいることは、データが移動する必要があるラウンドトリップを短縮し、クラウドからデバイスにデータを取得するためのラグタイムまたはレイテンシを大幅に短縮することで、応答時間を短縮することを意味する。開発者や企業は、Verizon 5G EdgeとAWS Wavelengthを使用することで、没入型 VR ゲーム、ビデオ配信、コネクテッドカーや自律走行車などのユースケース向けに、レイテンシに敏感な様々なアプリケーションを構築および展開できる」としている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事