光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

8K 2SI伝送実験に技術協力 8K映像を2SI分割 4Kエンコーダ/デコーダでの衛星通信送受信に成功【アストロデザイン】

映像伝送/CATV 無料

 アストロデザインは5月14 日、スカパーJSAT、富士通と共同で通信衛星を使用した8K映像伝送実験を行い、アストロデザインの8K変換技術の活用により、現行の4Kエンコーダー/デコーダーでの8K映像送受信が可能であることを実証したと発表した。

 現在、8K映像を伝送する際には専用のエンコーダ/デコーダが必要であるというのが一般的な認識だ。8K専用のエンコーダ/デコーダは、未だ希少で高額であるため、現行の4K技術や製品を用いることでの利便性向上、利用シーンの拡大が期待されている。これまで、スカパーJSATは、多くの放送事業者や通信事業者で導入が進められている4K H.265/HEVCエンコーダ/デコーダを送信・受信各4台を用いて、画像を4画面に分割して伝送する検証を進めてきたが、この手法では分割した4画面それぞれの画像の複雑度の違いにより画面間に境界線が表れてしまう現象が発生していた。また、これを避けるには非常に多くの伝送帯域を必要とするため実用的ではなく、8K専用エンコーダ/デコーダが必要だった。

 今回の共同実験では、上記現象の改善策として、アストロデザインの8K変換技術により2SI信号へ変換したことで、現行の4Kエンコーダ/デコーダで圧縮/伸長しても境界線を出さずに合計120Mbpsの8K映像を伝送し映し出すことに成功した。

実証実験の概要

実施日: 2018年5月8日(火)
目的:2SI分割した8K映像を現行4Kエンコーダ/デコーダで送受信すること
送信場所:衛星ネットワーク株式会社 戸田SNG車庫
受信場所:アストロデザイン(株)雪谷本社

伝送使用機材

映像出力:アストロデザイン8K SSDレコーダHR-7518
単盤式カメラヘッドAH-4801-B
8K対応2SIコンバータ
4Kエンコード/デコード:富士通 FUJITSU Network リアルタイム映像伝送装置 IP-HE950
映像表示:アストロデザイン 8K液晶モニタDM-3815 / 8K DLPプロジェクター
使用衛星:JCSAT-3A 合計120Mbpsによる伝送

実証実験のイメージ

 この成功により、放送事業者や通信事業者が既に所有している4Kエンコーダ/デコーダを使用し、今までよりも容易な8K伝送が可能になることが明らかになった。また、スカパーJSATの通信衛星を利用することにより、スポーツイベントなどでの8K中継や多拠点への8Kパブリックビューイング、4面までの4Kマルチスクリーン、ドームシアターへの中継など、幅広い用途での利用が期待される。

関連記事

特集

有料 4K/8K機器の伝送トレンドを探る【TOP】

 音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2018」が11月14日より3日間、幕張メッセにて開催された(主催:JEITA)。今回は過去最多となる出展者数1,152社・団体(うち海外34カ…
更新

続きを見る