光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

2023年までに世界のモバイル接続の10%が5Gに対応すると予測【シスコ】

テレコム 無料

新たな年次調査報告書「Cisco Annual Internet Report」を発表

 米国シスコ(以下、シスコ)は2月18日、新たなネットワークに関する年次調査報告書「Cisco Annual Internet Report」を発表した(本抄訳は19日発表)。この報告書の中で、2023年には世界のモバイル接続の10%以上が5G対応になると予測している。5Gの平均速度は575Mbpsとなり、平均的なモバイル接続の13倍高速になるとも予想している。高度なパフォーマンス能力を備えた5Gは、人工知能(AI)のほか、自動運転やスマートシティ、コネクテッドヘルス、没入型ビデオなど、さまざまな先端IoTアプリケーションによりダイナミックなモバイルインフラを実現することになる。

 この50年、10年ごとに最先端のイノベーションによる新たなモバイルテクノロジーが導入されてきた。モバイルの要求帯域は、音声通話やテキストメッセージから超高精細(UHD)ビデオや拡張現実/仮想現実(AR/VR)の多様なアプリケーションへと進化してきた。世界中の消費者やビジネスユーザーは、絶えずモバイルネットワーキングの新たな需要を生み出し、期待値を高め続けている。モバイルアプリケーションの導入や活用によってこうしたトレンドが続いていることは、はっきりと浮き彫りにされている。ソーシャルネットワーキング、ビデオのストリーミングやダウンロード、ビジネス生産性、eコマース、ゲーミングなどによって、今後もモバイルアプリケーションは拡大し続け、2023年にはダウンロード数が3,000億回近くに達すると見込まれている。

 シスコ シニア バイスプレジデント 兼 最高技術責任者(CTO)のローランド・アクラ(Roland Acra)氏は「今回のシスコの調査から、インターネットユーザ数、デバイス数、接続数は今後も増え続け、ネットワーク需要は想像もしていなかったほど拡大することが明らかになっている。シスコの『Annual Internet Report』によって得られた洞察や知識は、拡大し続ける接続やアプリケーションに対してネットワークをどのように備えればよいのか、世界各国のグローバル企業や政府、サービスプロバイダーにとって大いに役立つと期待している。あらゆる組織にとって、技術イノベーションや投資を最大限に収益化するためには、戦略的な計画や提携が不可欠な要素になるはずだ」としている。

Cisco Annual Internet Report (2018 – 2023) のハイライト

 「Cisco Annual Internet Report」は固定ブロードバンド、Wi-Fi、モバイル(3G、4G、5G)ネットワークのすべてを網羅し、インターネットユーザ数、デバイス、接続数の増加についての定量的な予測を行うとともに、ネットワーク性能や関連するトレンドについて、今後5年間(2018~2023年)の予測を行っている。

2023年の世界のモバイルユーザ数およびインターネットユーザ数

  • 全世界の人口の70%以上(57億人)がモバイル接続(2G、3G、4Gまたは5G)を利用するようになる。
  • 全世界の人口の66%(53億人)がインターネットユーザとなる。

2023年の世界のデバイスおよび接続数の予測

  • 2023年には1人あたりのネットワーク化されたデバイス/接続は3.6個となり、1世帯あたりの数は10個近くなると予想される。
  • ネットワークデバイス/接続の半数近くがビデオ機能を備えると予想される。
  • さまざまなIoTアプリケーションに対応するM2M接続が世界のデバイス/ 接続の約50%(147億)を占めると予想される。

2023年の世界のモバイル予測

  • すべてのネットワーク デバイスの45%がモバイル接続(3G以下、4G、5GもしくはLPWA [Low Power Wide Area])、55%が有線もしくはWi-Fi接続される。
  • 世界のモバイル接続のうち、5G接続は2018年の0.0%から2023年には10.6%に増加すると見込まれる。
  • 2023年には世界のモバイル接続全体に占めるLPWAの割合が、2018年の2.5%から14.4%に拡大すると予想される。

2023年の世界のWi-Fi予測

  • 世界のWi-Fiホットスポット総数は2018~2023年の間に4倍に増加し、2018年の1億6,900万個が2023年には6億2,800万個近くになると予想される。
  • 世界のWi-Fi6対応ホットスポットは2020~2023年で13倍増加し、公共のWi-Fiホットスポット全体の11%を占めるようになると予想される。

2023年の世界のネットワーク性能(モバイル、Wi-Fi、固定ブロードバンド)の予測

  • 世界のモバイル接続の平均速度は、2018年の13Mbpsから2023年には44Mbpsになって、3倍以上向上すると予想される。
  • 世界のWi-Fi接続の平均速度は、2018年の30Mbpsから2023年には92Mbpsへ、3倍以上向上すると予想される。
  • 世界の固定ブロードバンドの平均速度は、2018年の46Mbpsから2023年には110Mbpsと、2倍以上向上すると予想される。

2018~2019年の世界のサイバーセキュリティのトレンド

  • 世界の分散サービス拒否(DDoS)攻撃の頻度は39%増加している。
  • 世界のピーク時の DDoS 攻撃の規模は63%拡大した。
  • DDoS攻撃の平均規模は1 Gbps(うち、1 Gbps以上の規模の攻撃は23%)で、100~400Gbps規模の攻撃が776%増加した。

関連記事

モバイル/無線

無料 スタートアップのための事業支援プログラム「5G for Startups」および事業共創プログラム「∞の翼」を新たに開始【KDDI】

 KDDIは3月24日、スタートアップの事業開発を支援し、優れた5Gサービスの創出を目指す事業支援プログラム「5G for Startups」、およびスタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用して、5G…

更新

続きを見る