光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

NECが、ローカル5Gとパブリック5Gを組み合わせたハイブリッド5Gを活用してDX推進を加速

DX/IoT/AI 無料

 NECは10月15日、ユーザとの共創施設「ローカル5Gラボ」(NEC玉川事業場内)にて、パブリック5Gとローカル5Gのネットワークを設置し、ハイブリッド5Gネットワークを構築し、両ネットワークの切り替えに成功したと発表した。
 NECは「今後、お客様のDX推進をさらに加速するため、ハイブリッド5Gネットワークの特長を活かしたソリューションの開発を進める」との考えを示している。

ローカル5Gとパブリック5Gの特長。

 ローカル5Gは、産業や地域の個別ニーズに応じて所定の敷地内で柔軟なシステムを構築できることが特長だ。一方、パブリック5Gは通信事業者によって広域に提供されるため、企業の複数拠点をカバーすることや、自社拠点の外へ広がるサプライチェーンをカバーすることが可能だ。両ネットワークを組み合わせることで、個別のニーズへの対応と共にシームレスなデータ連携を実現することが可能になる。

 従来、ローカル5Gとパブリック5Gの両方のネットワークを活用するためには、それぞれ専用の端末が必要だったが、ハイブリッド5Gネットワークでは、1台の端末でネットワークを切り替えることができる。これにより、ユーザは2台の端末を持つ必要がなくなり、特に、車やロボット、ドローン、AGV(無人搬送車:Automated Guided Vehicle)などの移動体では、限られたスペースを有効に活用することができる。

 今回ハイブリッド5Gネットワークの検証のため、「ローカル5Gラボ」にNECのローカル5G基地局に加えて、NTTドコモ(以下 ドコモ)のパブリック5G基地局を設置し、京セラの5G端末にドコモのパブリック5GのSIMおよびローカル5GのSIMを挿入して、両ネットワークへ切り替えが可能なことを確認した。また、ローカル5Gが圏外になった場合には自動的にパブリック5Gに切り替えることが可能なことも確認した。

ユースケース例
 ハイブリッド5Gネットワークを活用したユースケースとして、製造業などのサプライチェーンへの活用が挙げられる。原材料や部品の調達から最終的に消費者に製品を届けるまでのプロセスで、拠点内ではローカル5Gを活用して各工程内でのデジタル化を実現するとともに、拠点間の輸送時にはパブリック5Gを活用することで、全プロセスを通じてのデータ連携も可能になる。
 その他、工場や倉庫内の現場映像をローカル5Gで伝送し、パブリック5G経由で現場管理者が自身のモバイル端末を用いて、リモートで現場の確認や指示をするなど、現場の見える化ソリューションにも活用できる。

ハイブリッド5Gネットワークの活用イメージ

 NECは今後について「製造、建設、流通、交通、公共といった様々な分野のお客様と共創し、シームレスにネットワークを切り替えながら、両ネットワーク間でのデータ連携ができるハイブリッド5Gの特性を活かしたソリューションの開発を進め、お客様のDX推進を加速する」との方針を示している。

関連記事

SpecialReport

有料 5G時代におけるNokiaの製品展開

期間限定無料公開記事ピックアップ  続いて登壇した、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 代表執行役員社長のジョン・ランカスターレノックス氏は、開会の挨拶の中で「今回はサステナビリティが主…
更新

続きを見る

海外TOPICS

有料 Nokiaの5G特許ファミリが4,000に到達

 Nokiaは11月11日(エスポー)、5G標準に不可欠であるとされる特許ファミリが4,000のマイルストーンに達したと発表した。  Nokiaは、5Gを可能にする多くの基本的な技術を定義し、3GP…
更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 DISHが5Gコア自動化試験でSpirentを選定

DISHがSpirentのソリューションを活用して同種では初の5Gネットワークをテストし検証  DISH Network Corporation (以下、DISH)は10月12日(フレデリックとリトルトン)、同社の5Gネ…

更新

続きを見る