光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

光トランシーバに見るデータセンタ市場の400Gトレンドと800Gへの挑戦【Finisar】

SpecialReport 有料

 マクニカネットワークスが9月4日に開催した「次世代データセンターネットワーク基盤構築セミナー」では、データセンタ構築・運用に関する最新技術や市場動向が紹介された。セミナーの1つ「データセンター市場における光トランシーバー最新動向」では、世界の光トランシーバ市場で30%以上のシェアを有し、トップベンダの地位を維持し続けているFinisarから、現在の市場動向や、400Gや800Gにおける開発の課題が解説された。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

期間限定無料公開

有料 光コネクタ需要動向を探る【扇港産業】

 扇港産業は、光コネクタの開発力とグローバルなサポート力で通信インフラの発展を支えている企業だ。同社の光コネクタは、品質やコストパフォーマンスだけでなく、ユーザの声を反映…
更新

続きを見る

テレコム

無料 ラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発【古河電工】

 古河電気工業(以下、古河電工)は3月6日、インコヒーレント光を用いたラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発したと発表した。インコヒーレント光を用いた新しい励起光源技術は、励起光の揺らぎによる信号光への影響を抑えるため、…

更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る