光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

64Gbaudまでの400/600Gネットワーク向け集積コヒレント受信/送信【Oclaro】

海外TOPICS 有料

 オクラロは、400Gと600Gアプリケーション向けにフォトニック集積コヒレントトランスミッタ(ICTs)とイントラダインコヒレントレシーバを発表した。このハイパフォーマンスコンポーネントは、マルチデータレートに設定できるので、顧客はデータセンタインタコネクト(DCIs)から超長距離(ULH)伝送までの幅広いネットワークアプリケーションをカバーできる。
 「当社のICRとICT製品により、顧客はハイパフォーマンスコヒレントシステムを設計できるようになる。ポート当たりで提供される帯域は柔軟であり、単一波長で伝送することがでるデータを最大化することが可能だ。これらの新しいコンポーネントは、フォトニック集積とInP技術で実証済みのOclaroの技術を活用しており、これにより当社は継続して、パフォーマンス、密度、ローパワーの水準をあげることができる」とOclaro集積フォトニクスビジネスユニットプレジデント、Beck Masonは説明している。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

テレコム

無料 アルテリア・ネットワークス、 異なる2ルート、単一波長、再生中継無しの条件下で 日本初、東京-大阪間400Gbpsに成功

 アルテリア・ネットワークスは2月20日、日本で初めて(※1)東京―大阪間の異なる2ルートの商用環境において単一波長、再生中継無しで400Gbpsの安定した長距離伝送に成功したことを発表した。 ※1:東京-大阪間、異なる…

更新

続きを見る