光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

EricssonのCloud RAN製品がGSMAのNESASセキュリティ評価に合格

海外TOPICS 有料

 Ericssonは1月10日、同社のCloud RAN製品が、NESAS (Network Equipment Security Assurance Scheme)監査に合格したことを発表した。

 NESASは、3GPPおよびGSMAによって定義されたネットワーク機器セキュリティ保証スキーム。Ericssonは「NESASコンプライアンスプロセスは、GSMAが承認した独立監査人による完全な監査を受け、2021年11月に正常に完了した」と説明している。
 EricssonはGSMAにおいて既に、Core、トランスポート、RANポートフォリオが合格しており、今回はそれにCloud RANが加わった形だ。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

モバイル/無線

無料 Dhostが、新しいブランドアイデンティティとAPACにおけるテクノロジー・ソリューションの拡大を発表【エクシオグループ】

 エクシオグループは6月24日、グループ会社である「ビル内ニュートラル・ホスティング・サービス※」を提供するdhost(ディーホスト)の新しいブランドアイデンティティを日本で発表した。  エクシオグループは「Dhostは…

更新

続きを見る