光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

5G時代に向け、完全仮想化のクラウドRANの概念実証(PoC)をノキアとKDDIが実施

モバイル/無線 無料

 ノキアは5月20日、KDDIと共同で完全クラウド化のRANソリューションの提供に取り組んでいることを発表した。
今回実施しているラボ環境における概念実証(PoC)では、Nokia AirScale All-in-Cloud BTSソリューションを使用し、仮想化の無線ネットワーク技術が5G時代の多様化するネットワークの性能要件に対しどの程度柔軟に対応できるか、KDDIが調査する。このことは、ノキアのクラウドRANソリューションを使用する通信事業者が、世界中に拡大していることを表している。

 Nokia AirScale All-in-Cloud BTSは完全にクラウド化された5Gの基地局で、リアルタイムと非リアルタイムの両方のベースバンドをクラウド上に置く。仮想化されたリアルタイムのベースバンド処理は、ネットワークのエッジ部分で行われるので、遅延が極端に減り、需要に応じてスケールアップすることができる。これは、ノキアのより幅広いAirScale Cloud RANソリューションの一部で、このソリューションはローカルとクラウドでの処理を柔軟に組み合わせたものだ。
 今回のPoCでは、基地局の仮想化によって柔軟なネットワーク構成を実現し、最適な5Gネットワークを提供するために、AirScale All-in-Cloud BTSが使用される。KDDIは、2020年3月に5Gの商用サービスを開始し、グローバル企業と連携して新しいアイデアや技術を5Gネットワークに取り込む方針だ。KDDIはノキアと密接に連携して、このPoCと5Gコアのスタンドアロンネットワークの試験を行っている。

 Nokia Cloud RANは、非リアルタイム機能を仮想化する5G AirScale Cloud BTSとともに、北米で世界初となるクラウドベースの5 Gネットワークで、すでに商用に使われている。ノキアはクラウドRANのPoCの数を増やし、世界中の通信事業者と試験を行っている。AirScale All-in-Cloud BTSソリューションは、超低遅延の5Gサービスをサポートし、IoT要件を満たし、柔軟なエンドツーエンドのネットワークスライシングを可能にする。また、5Gの追加のカバレッジと容量を提供され、簡素化、自動化、および運用の効率化によって、通信事業者の総所有コストを削減する。
 ノキアのモバイルネットワーク製品管理責任者であるアリ・クナスラティ氏は「5Gの時代になると、企業と消費者の両方にとって素晴らしいチャンスが訪れることになるだろう。しかし、ネットワークの複雑さが増し、データトラフィックが爆発的に増加するにつれて、ネットワークに対する要求は増してくるだろう。KDDI様は、仮想化されたネットワークを活用して、お客様の多様なニーズに迅速に対応していくことができるだろう。私たちは、仮想化ネットワークでベストプラクティスを追求し、次の新たな10年の通信技術において、KDDI様と強固な関係が続けられることを期待している」とコメントを出している。

関連記事

モバイル/無線

無料 “5Gアンテナ搭載”スマートポールの試行設置に関する東京都との協定締結【住友商事、NEC】

5G基地局シェアリングを通じ、超高速インターネットモバイル網の構築に貢献  住友商事は5月25日、東京都が実施するスマートポールの先行・試行設置及び検証について、東京都と協定を締結したことを発表した。NECと共同で、20…

更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 ノキア、世界最速の5Gを達成

 ノキアは5月21日、米・テキサス州ダラスで、5GのOTA(Over the Air)ネットワークテストにおいて世界最速速度を達成したことを発表した。  5Gの商用ミリ波帯である800MHzと、4Gと5Gのデュアル接続技…

更新

続きを見る