光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

地域における人材・技術の交流の場「ドコモ 5G DX スクエア」を展開

DX/IoT/AI 無料

全国各地に5G体験環境を拡大し、新しいソリューションを生み出す地域DX推進の拠点に

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は7月15日、5Gや「映像・AI」「XR」「ロボティクス」などの先進技術を活用したソリューション体験・実験の場を全国各地に拡大し、地域の産業を支える企業との協創によるDX推進やイノベーション推進を目的とする、地域の人材・技術の交流の場「ドコモ 5G DX スクエア」の取り組みを開始した。

 ドコモは2020年3月の5Gサービス開始以降、約300件のサービスや実証実験を手掛け、5Gによるソリューション創出および社会実装に取り組んできた。
 今回発表された取り組みは、既存のドコモ5Gオープンラボに加え、ドコモの「瞬速5G」エリアにおいて、先進技術を活用したソリューションなどを体験・実験できる場所を拡大するものとなる。
 さらに、本目的に賛同する地域のパートナー各社が運営する5Gイノベーション施設などとも連携し、各施設のテーマにあった幅広い業種ノウハウや事例に触れることも可能だ。
 また、テレワーク時代の新しい働き方に対応し、各拠点では現地での体験や見学だけでなく、5G映像伝送ソリューションなどを用いた遠隔からの参加も可能とすることで、全国の人材や技術を結集した新たなソリューションを生み出す場として、地域のDX推進に貢献していくという。
 ドコモは「当初は、ドコモが運営する2拠点とパートナーが運営する5拠点を追加した合計17拠点で展開し、体験・情報発信拠点を中心に2022年3月末までに全国50拠点での提供をめざす」としている。

「ドコモ 5G DX スクエア」の取り組みイメージ

 ドコモは「2018年2月に開始したドコモ5Gオープンパートナープログラムのパートナー数が4,000社を超え、パートナーとの協創を通じて様々な事例を創出してきた。今後、5Gエリアの拡大やネットワークスライシングなどの5G高度化により、全国的に社会課題解決や産業高度化に向けたユースケースを実証する取り組みが加速すると考えられる。本取り組みを通じ、これらの実証やその改善を繰り返すことで、持続的、継続的な取り組みとして、地域のDX推進に貢献する」との考えを示している。
※2021年6月30日現在。

「ドコモ 5G DX スクエア」の取り組み概要

目的:5Gや「映像・AI」「XR」「ロボティクス」などの先進技術を活用したソリューション体験・実験の場を全国各地に拡大し、地域のDX推進やイノベーション推進する。

「ドコモ 5G DX スクエア」拠点:既存の「ドコモ5Gオープンラボ」に加え、5Gソリューションを実際に体験・実験できる「体験・情報発信拠点」と、また、パートナーが運営するオープンイノベーション拠点を各テーマに沿ってご利用いただける「業界専門拠点」で展開する。

体験・情報発信拠点はドコモ運営の上記2拠点で取り組みを開始する。ドコモは「今後、全国にある地域の産業を活性化するためのイノベーション拠点などとも連携を進め、交流拠点を拡大していく」としている。

「ドコモ 5G DX スクエア」赤坂拠点の様子。


業界専門拠点は、パートナー各社のテーマに沿って5拠点※で取り組みを開始する。※2021年7月15日現在


業界専門拠点は、パートナー各社のテーマに沿って5拠点※で取り組みを開始する。※2021年7月15日現在

関連記事