光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

サテライトスタジオ構築と運用 (CATV局現場からのレポート)

特別寄稿 有料

著者:豊島ケーブルネットワーク㈱ 技術部長 上山裕史

1.はじめに

 CATV局がサービスを提供するデジタル放送の中で自主制作番組を放送するコミュニティチャンネル(コミチャン)は大切な事業の一つである。
 このコミュニティチャンネルを制作するためにサテライトスタジオを建設したのでその機能を紹介する。建設に際し設計、システムインテグレートを社内で行いコスト削減を心掛けた。スタジオ完成後、週5日の生放送の運用を開始し順調に1年を経過している。
 スタジオの設計コンセプトは番組制作費、スタジオ構築費のコストダウンが求められるため、少人数でオペレーションすることである。スタジオの構築物など一度構築すれば改造・改良が不可能なものには細心の注意を払い積極的に投資し、技術の進歩や世代交代の激しい機器に関してはコスト優先の考え方で対応した。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

映像伝送/CATV

無料 Globosat社の2016年リオ五輪番組制作において、新製品Prism IP/SDIメディア解析プラットフォームとSPG8000A型が重要な役割を果たす

 テクトロニクスは8月23日、南米最大、ブラジル大手の有料テレビ事業者であるGlobosat社が、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された2016年夏季オリンピック大会のライブIPメディア・プロダクションにおいて、テク…

更新

続きを見る

FOCUS

有料 HDMI/HD-SDIを光ファイバ伝送する装置

 ピーエスアイはIT関連製品の輸入・販売および技術サポートを兼ね備えた企業だ。主に米国の最先端のコンピュータ・ネットワーク関連製品と情報通信セキュリティ関連製品をベースに…
更新

続きを見る