光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

通信・放送Week2018出展製品preview【日新化成】

期間限定無料公開 有料

各種MT フェルール(SM、MM4/8/12/16/24/32/48)、MPO コネクタキット、MPO アダプタ

 日新化成は1961 年の創業以来、熱硬化性樹脂および熱可塑性樹脂の成形加工技術を活かした製品を提供してきた企業。顧客が希望するスペックを共同開発できる技術力の高さが注目を集めており、光通信分野ではミクロンおよびサブミクロンレベルの成形精度が可能な特殊樹脂及び金型技術による高品質なMT フェルール、MPO コネクタ、スリーブ等を実現している。さらにメッキ、テーパー形先端加工、PMF 等様々なコネクタの複合組立品の提供も可能だ。
 多心光コネクタの市場では12 心、24心と求められる心数のトレンドは増加傾向にあり、それに比例して高度な成形技術が求められる。そうした中で日新化成は数年前から48 心MT フェルールでも業界で高い評価を得ているので、今後も品質の良い製品を提供できる企業として期待されている。
 技術力だけではなく、自社設計、自社生産という一気通貫の生産方式により優れた価格競争力も実現しており、日本、北米、アジアと世界各地で採用されている。

コストパフォーマンスの優れた多心光コネクタを提供

 高精度の樹脂成形加工技術を持つ同社のMT コネクタは、Low Loss モデルはもちろん、通常モデルの信頼性も高い。MT フェルールは、4、8、12、24、48心の各種を取り揃えており、MPO コネクタは、リボン、平型コード、φ3、4、5 丸型コードまた光特性に対応したSM Low Loss、SM、そしてMM Low Loss、MM をラインナップしている。
 同社のMT フェルールでは収縮率の少ない熱可塑性PPS 樹脂を採用している。これにより、Low Loss タイプは、ランダム接続で挿入損失0.35dB 以下(平均0.15dB)、偏心も0.7μm 以下(平均0.4μm)まで抑えた優良なスペックを実現している。
 12 心のMM のように市場でニーズの高い製品は数量が出るので価格競争が激しくなっている。そうした中で同社は、品質と価格のバランスがとれたコストパフォーマンスでもユーザから評価されている。また、在庫管理にも注力しており、緊急時の対応でも定評がある。同社は「24 心のMM の需要も増加傾向で、弊社でも前年比で数量が伸びている」と話している。

高精度な樹脂成形加工技術により実現した48 心MT フェルール

48心MTフェルール

 48 心MT フェルールは同社の高精度な樹脂成形加工技術により実現したもので、多心コネクタによる高密度実装を検討している複数のユーザから引き合いのある製品だ。マルチモード用だけでは無くシングルモード用も提供していることからも、同社の技術力の高さが窺える。
 12 心の4 段構造である48 心のフェルールには高精度が求められることから金型の製作コストが高く、その製造設備を持つリスクは大きい。そこで日新化成のような実績の豊富な専門メーカーから購入すれば、高額なイニシャルコストを削減できることに加え、信頼性の高い製品を入手できるメリットも有る。

32 心フェルールや光コネクタも提供

16/32芯MPOコネクタ

 32 心や16 心は、MT だけではなくMPO のコネクタキットやハウジングキットとして提供することができる。ハウジングカラーは4 種類で、Black(MM 50/125)、Aqua(MM 50/125 OM3 grede)、Violet(MM 50/125 OM4 grede)、Beige(MM62.5/125)をラインナップ。同社は「400G向けに32 心の引き合いもあるが、OFCでも16 心の問い合わせが非常に多くなってきた。我々はキットも含めてリーズナブルな価格でご提案できる」と話している。
 心数が増えると強度も重要になるが、同社の製品はアセンブリした後の機械的な繰り返しの着脱試験も問題なくパスしている。

関連記事

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 Interop Tokyo2018特集【原田産業】

 原田産業は400GおよびFLEXイーサネットに対応したEthernetテスタや、ネットワーク装置のモニタリングシステム、データセンタなどのLANケーブルの認証試験器、そして新たに扱いを始めたTrimbl…
更新

続きを見る