光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

NFV市場は2022年までに380億ドルに達する【ABIリサーチ】

海外TOPICS 有料

 ABIリサーチ(ABIresearch)によると、ネットワークファンクションバーチャリゼーション(NFV)市場は、最初の期待よりもスタートが遅れたが、主要通信会社による現在進行中のNFV投資により、ある程度の成長が見込まれている。ABIの調査では、北米が市場をリードし、NFV関連投資は2022年中に累積130億ドルに達する見込みである。一方、ヨーロッパは、2017-2022年の期間にCAGR 53%の最高成長率が見込まれている。早期に採用したユーザは、NFV対応システムの利点について、ネットワークCAPEX & OPEXの削減、サービスアジリティ(敏捷性)、新規ネットワーク要素の導入時間短縮などをあげている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

海外TOPICS

有料 BT、Nuage導入しSD-WANサービス【Nuage Networks】

 BTは、一連の新技術を組み込み、ダイナミックネットワークサービスへの投資を加速すると発表した。新技術は、クラウドベースのIT消費モデルへの移行を容易にし、加速し、安全にするもので、デジタル変革への取り組…
更新

続きを見る

海外TOPICS

有料 NFV市場は2020年に150億ドル【IHS Markit】

 IHS Markitの「NFVハードウエア、ソフトウエア、サービス年間市場レポート」によると、ネットワークファンクションバーチャリゼーション(NFV) グローバル市場は、ハードウエアとソフトウエア、サー…
更新

続きを見る