光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

メガデータセンタの進化がDWDMオプティクス需要を押し上げ【ライトカウンティング】

海外TOPICS 有料

 ライトカウンティングは、メガデータセンタオプティクスレポートを発表した。同レポートは、クラウドカンパニーが、AOCs/EOMs、EthernetおよびDWDMオプティクスの市場への影響を分析している。

 中国では巨大ファシリティの建設が制限されているので、Alibaba、Baidu、Tencentはメトロエリアでデータセンタの分散ネットワークを運用している。西側のクラウド企業が運営するメガデータセンタは、戦略的進化にともない、メトロ-リージョナルクラスタに変わり始めている。これらの分散ファシリティのインタコネクティングは多くの帯域を必要とすることになる。この新興市場の詳細な分析をライトカウンティングの「メガデータセンタオプティクスレポート」は紹介している。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

海外TOPICS

有料 PacketLightが4x400Gのmux/demuxをリリース

 PacketLightNetworksは11月18日(テルアビブ)、mux/demux「PL-4000T」をリリースした。このソリューションは、サービスプロバイダ、企業、キャンパス、政府、およびクラウド…
更新

続きを見る