光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Capgeminiが5G Lab-as-a-Serviceを発表。5Gテクノロジーの最大化への道を加速

海外TOPICS 有料

 Capgeminiグループは12月10日(パリ)、通信事業者、エンタープライズ、およびOEM向けに、Altranの5Gラボと5G Lab-as-a-Service(LaaS)を立ち上げ、インテリジェント産業の提供を強化し続けると発表した。

 この新しいラボは、ポルトガルのFundãoに拠点を置き、システム統合サービスを提供し、通信エコシステムと様々なネットワーク市場ベンダ(ハードウェアとソフトウェア)から来る様々なソリューションを検証するための鍵となる。5Gラボは、インテリジェントな産業スペースにおけるCapgeminiの戦略に貢献し、クライアントがデータ主導型の変革の基盤に適切な投資を行い、5GとEdgeのデジタル革命の機会獲得を可能にするという。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

映像伝送/CATV

無料 業界統一コアを利用し、愛媛 CATV が業界初の 4.7GHz 帯ローカル5G無線局免許取得【日本ケーブルテレビ連盟】

 日本ケーブルテレビ連盟は2月26日、愛媛CATVが四国総合通信局より、業界内で初めてとなる「業界統一コア」を利用した 4.7GHz帯ローカル5Gの無線局免許の交付を受けたと発表した。 業界統一コアを活用したローカル5G…

更新

続きを見る