光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

VIAVIが第3回グローバルO-RANプラグフェストでテストツールを提供

海外TOPICS 有料

 Viavi Solutions (以下、VIAVI)は12月15日(スコッツデール)、Tier-1通信サービスプロバイダとO-RANアライアンスが主催する第3回グローバルO-RANプラグフェストに参加し、ベンチマーク検証に協力したと発表した。

 プラグフェストは、2021年10月と11月に複数の国で行われたオンサイト デモも含まれている。
 VIAVIのCTOであるSameh Yamany氏は「O-RANプラグフェストが開催されるたびに、サービスプロバイダからのコミットメントの増加、ベンダの急増、そして技術が成熟に向けて進んでいることを実感してきた。今年は、検証の範囲がO-RAN要素間の接続性を超えて、RICとxAppを使用した自動化保証と最適化にまで拡大した」とコメントを出している。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事