光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Tagore Technologyが、5GインフラおよびTDD mMIMOアプリケーション向けにフェイルセーフRFスイッチを内蔵した高度なデュアルチャネル超低ノイズアンプを発表

海外TOPICS 有料

 Tagore Technologyは8月24日(シカゴ)、RFスイッチを内蔵したデュアルチャンネル低ノイズアンプ(LNA)およびマルチチップモジュールであるTSL8329Mを発表した。

 要求の厳しいアプリケーション向けに設計されたこのモジュールは、3.3GHz~4.2GHzで動作する。このデュアルチャネル モジュールは、カスケード接続の2段LNAと高出力GaNベースのフェイルセーフRFスイッチで設計されている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事