光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ハードウエアのコモディティ化にともないDPIベンダ、仮想化に目を向ける【IHSテクノロジー】

海外TOPICS 有料

 IHSテクノロジーは、「サービスプロバイダDPI(deep packet inspection)年2回の市場トラッカー」について分析とコメントを発表している。これには、2015年12月終了の半年のデータが含まれる。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

海外TOPICS

有料 BT、Nuage導入しSD-WANサービス【Nuage Networks】

 BTは、一連の新技術を組み込み、ダイナミックネットワークサービスへの投資を加速すると発表した。新技術は、クラウドベースのIT消費モデルへの移行を容易にし、加速し、安全にするもので、デジタル変革への取り組…
更新

続きを見る