光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

WDM装置出荷、100Gから200/400Gへ移行、予測期間に40%超の成長【Dell’Oro Group】

海外TOPICS 有料

 Dell’Oro Groupの調査によると、2016年らか2020年に630億ドルのWDM装置が世界中で出荷される見込みである。比較すると、この売り上げ規模は、2011-2015年まで5年間のWDM市場販売額よりも40%以上大きい。
 Dell’Oro GroupのVP、Jimmy Yu氏によると、「帯域需要が落ち着く兆しはない。もっと帯域をというコンシューマの要求に応えるためにサービスプロバイダは大量のWDM装置を導入し、今後数年はこの傾向は続く」と同氏は見ている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

テレコム

無料 アルテリア・ネットワークス、 異なる2ルート、単一波長、再生中継無しの条件下で 日本初、東京-大阪間400Gbpsに成功

 アルテリア・ネットワークスは2月20日、日本で初めて(※1)東京―大阪間の異なる2ルートの商用環境において単一波長、再生中継無しで400Gbpsの安定した長距離伝送に成功したことを発表した。 ※1:東京-大阪間、異なる…

更新

続きを見る