光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ノキアとNTTドコモ、5G商用サービス開始へ向けた機器提供に合意

モバイル 無料

 ノキアソリューションズ&ネットワークスは1月19日、NTTドコモ(以下、ドコモ)と5Gモバイルネットワーク展開に向け、商用化をめざした5G基地局制御部の提供に合意したことを発表した。これは2020年にドコモが開始する予定の5G商用サービスをサポートするものだ。

 ノキアは、現在ドコモで稼働中の既存設備を改造し、5G New Radio (5G NR)ベースのハードウェア(AirScale)を追加で組み込むことで、ドコモによる5G商用サービス開始を支援する予定だ。この5G商用サービスにより、超高速、大容量、超低遅延による比類のない体験をドコモの携帯電話加入者に提供する。ドコモが5G商用サービスを2020年に開始することを計画しており、ノキアは、ソリューションを提供することで、ドコモの4G/LTEからのスムーズな進化と、既存の運用環境への統合をサポートする。

 ノキアは、国内最大の通信事業者であるドコモと長期にわたる協業関係を続けており、3Gおよび4G/LTEテクノロジーの提供契約を結んでいる。
 また両社は5Gテクノロジーの実証実験でも緊密に協力しており、 これらの協業関係に続くかたちで、高度化C-RANにより展開されるドコモのネットワークにおいて5G無線部の集中管理が可能となる5G基地局制御部の商用化をめざした提供の合意に至った。
 本合意に基づき、ノキアは2017年末に公表された新規3GPP準拠5G NR標準に基づくテクノロジーを提供することにより、ドコモの4G/LTEから5Gへのネットワークの進化をサポートする。

 NTTドコモ 取締役常務執行役員の中村寛氏は「弊社は、2014年よりノキアを含むパートナー各社と5Gの技術・ユースケースの検証を進めて来た。今回のノキアとの合意により、2020年の5G商用サービス開始に向けた次の段階に進み、様々な業界のパートナーの皆様とともに5Gのサービス/市場を創造していく」とコメントを出している。
 ノキア モバイルネットワーク部門プレジデントのマルク・ルワンヌ氏は「ドコモ様との今回の合意は、数々の世界最先端技術のいち早い導入と実績という長い歴史を持つ日本において、5Gの商用化を実現する大きなマイルストーンだ。ノキアでは、5Gサービスを2020年に実現するというドコモ様の計画達成に向け、ドコモ様と協力して懸命に取り組んできた。このたびの合意は、その実現に向けた具体的な計画始動を意味するものであり、本日の発表を大変光栄に思っている」とコメントを出している。