光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

シスコ、シリコンフォトニクスの有力企業Luxtera買収の意向を発表

データセンタ/LAN 無料

 シスコは12月20日、米国カリフォルニア州カールスバッドを拠点とする株式非公開の半導体企業Luxteraを買収する意向を発表した。Luxteraはシリコンフォトニクスを使用してウェブスケールや企業のデータセンタ、サービスプロバイダ市場をはじめとする顧客向けの光集積デバイスを開発している。Luxteraのテクノロジー、デザイン、製造の画期的なイノベーションは、コストを削減しながらチップスケールや性能を大幅に向上する。シスコはエンタープライズやデータセンタ、サービスプロバイダ業界にいたるまで、インテントベース ネットワーク ポートフォリオ全体にLuxteraのテクノロジーを搭載していく計画だという。
 シスコ ネットワーキング セキュリティ事業担当エグゼクティブ バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャーのデビッド・ゲクラー(David Goeckeler)氏は「シスコが発表した『2018 Visual Networking Index』では、今後5年間で世界のインターネット トラフィックは3倍に増加すると予測しており、企業はインターネット帯域幅の飛躍的な拡大に直面することになる。オプティクス(光学)はこうした将来を実現していく上で基盤となるテクノロジーだ。シスコのシリコンとオプティクスイノベーションが一体化することによりLuxteraは、シスコのお客様は世界最大規模で最も高速かつ高効率のネットワークが構築できるようになる」とコメントを出している。
 Luxtera買収にあたり、シスコは6億6,000万ドルの現金の支払いと債券の引き受けを行う。買収は慣習的な取引完了条件に従い、規制当局の承認を得た上で、シスコの2019会計年度第3四半期中に完了する見通しだとしている。
 買収の概要は次の通り。

新たなアプリケーションの登場にも対応可能な未来志向のネットワーク

 分散型クラウド、モビリティ、IoTアプリケーションなど新たなクラスの出現は、既存の通信インフラストラクチャにかつてない負荷を生じさせている。100GbE/400GbEオプティクス、シリコン、プロセス技術におけるシスコとLuxteraの能力を組み合わせることによって、ユーザはパフォーマンス、信頼性、コストを最適化した将来に対応可能なネットワークを構築できる。

シスコの100GbE /400GbE ポートフォリオを拡張

 Luxteraとシスコの光トランシーバポートフォリオを統合することによって、シスコは100GbE、400GbEの幅広いオプティクス製品が提供できるようになる。システムポート容量が100GbEから400GbE、さらにそれ以上に拡大するにともない、ネットワーク基盤の制約に対処するオプティクスの役割は重要度を増しており、特に密度やパワー要件への対応が求められている。

デビッド・ゲクラー(David Goeckeler)氏のチームに統合

 買収完了後、Luxteraのチームはシスコのネットワーキング セキュリティ事業担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー デビッド・ゲクラー氏が率いるシスコのオプティクス事業部門に統合される。

関連記事

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【ナノ光技術で光コンピューティング基盤の創生に挑戦】

 NTTは、電子回路だけでは不可能な情報処理の低遅延化に向けて、光技術をコンピューティング領域へ導入することに挑戦している。NTTではこの数年で新しいナノ加工技術を確立し、光と電子回路のインターフェイスと…
更新

続きを見る