光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ラマン増幅器用ポンプレーザFOL1439シリーズの量産開始およびFRL1440シリーズの開発【古河電工】

テレコム 無料

 古河電気工業は3月4日、今後本格的な導入が見込まれる400Gbpsの超高速光通信において、需要拡大が見込まれるラマン増幅器のキーデバイスである高出力、低消費電力の1480nm帯励起光源レーザ FOL1439シリーズの量産化を開始したと発表した。また、さらなる高出力・低消費電力駆動を可能とするFRL1440シリーズの開発を行ったと発表した。
 3月2日より米国・カリフォルニア州・サンディエゴにて開催されている世界最大の通信関連の国際会議・展示会「OFC/NFOEC2019」では、このFRL1440シリーズも展示されている。

背景

 近年、スマートフォンの普及によるワイヤレスバックボーンの拡大や、クラウドコンピューティング、動画配信、ソーシャルネットワークの普及などにより、通信トラフィックが急激に増加している。
 このようなトラフィックの増加に対応するために、今後導入が進む100Gbps等の超高速光伝送では、光信号対雑音比(OSNR)の改善のため、雑音特性に優れるラマン増幅器の需要拡大が見込まれる。ラマン増幅器においては、励起光源として、1400-1500nm帯のレーザを用いるが、更なる高性能化のため、高出力化及び低消費電力化が求められている。
 同社は「このような用途に向け、この度、高出力及び低消費電力特性に優れた新製品FOL1439シリーズの量産開始とさらなる高出力低消費電力駆動のFRL1440シリーズを開発した」という。

内容

 同製品群においては、高出力及び低消費電力が重要な特性となる。同社では、高出力および低消費電力駆動を実現するために、25年以上培ってきたInP(Indium Phosphide)の光半導体チップ製造技術と高精度のパッケージング技術を保有している。同社は「当該製品の実現にあたり、独自の高出力チップ構造を開発し、その光出力を効率的に光ファイバに結合する技術の開発と新チップに最適な放熱設計を行った」としている。
 消費電力は、従来品(FOL1437シリーズの500mW出力時)に比べ、FOL1439シリーズでは33%、FRL1440シリーズでは45%の低減が図られている。なお、FOL1439シリーズでは、最大光出力600mW(TC=70℃)まで、FRL1440シリーズ最大光出力620mW(TC=70℃)までの高出力動作が対応可能となっている。
 同社は「今後、更なる高出力・低消費電力特性に対する要求が見込まれることから、本製品における技術を基に更なる高性能化を目指していく」としている。

今後の展開

 FRL1440シリーズは2019年度下期に量産が開始される予定だ。また、同製品で開発した技術は、材料物性の制限で高出力・低出力駆動がCバンド帯よりも実現が難しいLバンド帯ラマン増幅器用励起光源への適用と、EDFA用ポンプ光源レーザへも適用していくという。

主な仕様比較 (Cバンドでの比較)

関連記事

期間限定無料公開

有料 光コネクタ需要動向を探る【扇港産業】

 扇港産業は、光コネクタの開発力とグローバルなサポート力で通信インフラの発展を支えている企業だ。同社の光コネクタは、品質やコストパフォーマンスだけでなく、ユーザの声を反映…
更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る