光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Sub-6GHz帯 SA キャリアアグリゲーション試験の3GPP承認を達成【アンリツ】

モバイル/無線 無料

5G プロトコルコンフォーマンステストで世界初

5G NR モバイルデバイステストプラットフォーム ME7834NR

 アンリツは5月27日、5G NR プロトコルコンフォーマンステストにおいて同社の5G NR モバイルデバイステストプラットフォーム ME7834NRが、世界初となるSub-6GHz帯(FR1)スタンドアローン(SA)モードにおけるキャリアアグリゲーション試験の3GPP承認を取得したことを発表した。
 この試験は3GPP TS38.523に基づいており、FR1の3GPP RAN5ワーキンググループによって承認された。
 また、FR1 ノンスタンドアローン(NSA)モードのキャリアアグリゲーション試験においても3GPPより承認を取得した。これらのテストケースはすべて、アンリツのME7834NRで試験できる。
 RAN5によるプロトコルコンフォーマンステストの検証は、認証機関であるGCF(Global Certification Forum)およびPTCRB(PCS Type Certification Review Board)によるテスト検証の前提条件であるため、重要なマイルストーンとなる。
 今回の成果により、5Gサービスにおける、Sub-6GHz帯でのキャリアアグリゲーション機能の普及に向けて大きく前進した。5G NRデバイス開発者は、ME7834NRを使用することで、設計した製品が3GPP規格に準拠しているかを検証し、デバイスの性能をより確実に確保することができる。

製品概要

5G NR モバイルデバイステストプラットフォーム ME7834NR
 ME7834NRは、5G NRにおけるスタンドアローンモード(SA)/ノンスタンドアローンモード(NSA)双方で、3GPP TS 38.523で規定されるプロトコルコンフォーマンス試験、主要通信事業者の受入試験に対応している。
 また、GCFとPTCRBにおいて、5G NRテストプラットフォームTP251で登録されており、それぞれの端末認証に使用することができる。
 5G用に新しく設計したOTAチャンバーとRFコンバータを組み合わせることで、5Gで使用されるFR1(Sub-6GHz帯)およびFR2(ミリ波帯)を含む周波数帯域をカバーする。
 ME7834NRは、LTE、LTE-Advanced(LTE-A)、LTE-A Pro、およびW-CDMAのプロトコルコンフォーマンス試験と事業者受入試験に対応したME7834LAを元に開発している。
 このテストシステムをすでに導入されているユーザは、実証済みのLTE-A試験環境を活用しながら、スムーズに5G対応システムにアップグレードすることができる。

関連記事

モバイル/無線

無料 Chunghwa Telecom、台湾で商用5Gを開始【エリクソン】

 エリクソンは7月1日、台湾のChunghwa Telecom(CHT)が、エリクソンの5G RANおよびコアネットワークソリューションを使い5Gネットワークの商用運用を開始したことを発表した。CHTはこの台湾初の商用サ…

更新

続きを見る