光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

5G通信を活用し4K映像伝送システム「LiveU」から医療映像をリアルタイム伝送する実証実験を実施

DX/IoT/AI 無料

5Gを活用した遠隔医療支援により地域病院の医師不足をサポート

 近畿大学、和歌山県串本町(以下、串本町)、NTT ドコモ(以下、ドコモ)は9月22日、5Gを活用した遠隔医療支援を目的とし、胎児心臓エコー映像を4K映像伝送システム「LiveU(ライヴユー)」を用いてリアルタイム伝送する実証実験を実施した。

 同実験は、2020年11月24日に近畿大学、NTT、ドコモ、NTT西日本、NTTデータの5者で締結した、「5Gの推進、「スマートシティ・スマートキャンパス」創造に関する包括連携協定」の取り組みのひとつ、「近畿大学病院と関連病院である、くしもと町立病院間で、5Gを活用した高精細画像のリアルタイム送受信を行い、へき地での遠隔医療支援の実証実験」であり、近畿大学はドコモが2020年9月30日に報道発表した「5Gを活用した映像伝送ソリューションの医療機関向けモニタープログラムを提供」(以下、LiveU 医療モニタープログラム)に参画しておりそのプログラムを活用して行う。

 同実験は、串本町のくしもと町立病院・産婦人科と、医療設備の整った近畿大学病院(以下、近大病院)間の遠隔医療支援を行う。具体的には、くしもと町立病院が超音波画像診断装置で撮影した胎児心臓エコーの映像を「LiveU」からドコモの5G回線を介して映像を伝送し遠隔医療支援を実施するほか、手技を行う医師の手元の4K映像も同時に伝送するなどの実用化に向けた検証を行う。
 同実験で扱う胎児心臓エコー映像は、胎児のわずか2cmほどの小さな心臓の繊細な動き、陰り、変化などを捉えた高精細なエコー映像で、約120km離れた近畿大学病院へ5Gで遅延なく伝送し、受信した映像で対面の医療と遜色なく高度な医療が提供できるかどうかを検証する画期的な取り組みだ。

実証実験のイメージ

 同実験の実施は、今後、医療機関が連携し遠隔地の医療を支援することで、さらに充実した安心・ 安全な医療を展開できることを意味している。また、このような先進技術を医療現場に展開することによって、コロナ禍においても質の高い医療を、遠隔地を含む全国の他の医療機関に展開する礎になることも期待できる。
 近畿大学は「この実験を通過点と捉え、実証で得たデータや課題などを分析し、とりわけ、医師不足が指摘されている過疎地の周産期医療における人員不足の解消や高度な医療の展開を進めていく。また診療科の枠を超えた遠隔医療のさらなるICTの展開に関する検討をドコモとともに進め、後日、本実験結果を近畿大学から公表する」としている。
串本町は「住民の方が安心して出産・子育てができる環境を整え、安心して移住・定住することができる環境の整備を継続的に図っていく」としている。
 ドコモは「今後の医療現場における高精細リアルタイム映像伝送の利活用の可能性を探り、将来的には5Gを活用したさらなる低遅延でかつ高精細な医用映像伝送の実現につなげていく」としている。

今後の展開
 今回の実験に参加した近畿大学、近畿大学病院、串本町、くしもと町立病院とドコモは、今後、「LiveU」医療モニタープログラムのスキームに則り、産婦人科ならびに小児科協同チームによる超音波画像診 断装置を中心とした高精細医用映像機器と、5Gサービスを活用し、的確な医療提供の実現、さらに過疎地の周産期医療における診断・治療における常用的な遠隔医療提供に向けた検討を進め、次世代の医療向けソリューションの創出や、新規ビジネスモデルの可能性を探っていくという。

関連記事