光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

KDDIが商用環境での5Gスタンドアローン構成の通信試験を開始

モバイル/無線 無料

5G SA開始に向けた商用環境でのエンド・ツー・エンド通信に成功

 KDDIは9月28日、5G SA提供に向け、全国に展開中の5G基地局と新規に構築した5G SA専用コア設備 (以下 5Gコア) を接続し、商用環境での5G SAの通信試験を2021年9月から開始したことを発表した。
同社は「今後、5G SAの通信環境を整備し、5G SAサービス提供に向けた準備を着実に進めていく」としている。

 現在、KDDIでは、5G NSAで高速・大容量の通信サービスを提供している。
 今後、5G SAを導入することで、高速・大容量通信に加え、XRの利用や製造業界でのセンサ情報の収集、遠隔操作などのファクトリーオートメーション化、交通分野での自動運転や運行管理など、エンターテインメントからビジネス領域まで幅広い利用目的ごとの用途やニーズに合わせた通信機能を提供するネットワークスライシングやMECの活用が可能となる。
 同社は「今回、展開済みの商用5G基地局をソフトウエア更新し、5Gコアと接続することにより、新たな5G SAの設備構成で安定してエンド・ツー・エンド (E2E) 通信が可能であることを確認した。5Gコアは完全に仮想化されたクラウドネイティブで構築しており、より柔軟で高度な通信サービスの提供が可能なため、5G SAの真価を発揮していく」との考えを示している。

 今後、商用環境での通信試験を通して、ユーザの実際の使い方に即したシチュエーションでの通信品質の評価や、5G SA特有の通信品質の評価を行う。5G SAの特長である高速・大容量通信の品質の確認や、幅広い利用目的ごとの用途やニーズに合わせた通信機能の確認を行い、安定したサービス提供に向けた着実な準備を進めていくという。
 KDDIは「今後も、”社会の持続的な成長に貢献する会社”として、強靭なネットワークを構築するとともに5G SA時代のビジネスユースケースや新たなサービスの新しい体験価値を創造していく」との方針を示している。

関連記事

SpecialReport

有料 5G時代におけるNokiaの製品展開

期間限定無料公開記事ピックアップ  続いて登壇した、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 代表執行役員社長のジョン・ランカスターレノックス氏は、開会の挨拶の中で「今回はサステナビリティが主…
更新

続きを見る

海外TOPICS

有料 Nokiaの5G特許ファミリが4,000に到達

 Nokiaは11月11日(エスポー)、5G標準に不可欠であるとされる特許ファミリが4,000のマイルストーンに達したと発表した。  Nokiaは、5Gを可能にする多くの基本的な技術を定義し、3GP…
更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 DISHが5Gコア自動化試験でSpirentを選定

DISHがSpirentのソリューションを活用して同種では初の5Gネットワークをテストし検証  DISH Network Corporation (以下、DISH)は10月12日(フレデリックとリトルトン)、同社の5Gネ…

更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 NECとシスコが、テレノールの北欧における5Gトランスポートのネットワーク構築プロジェクトのサプライヤに選定

 NECとシスコは10月21日、ノルウェーの大手通信事業者テレノールのノルウェーとデンマークにおける5G向けトランスポートネットワーク構築プロジェクトのサプライヤに選定されたと発表した。  NECとシスコは、2021年4…

更新

続きを見る