光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ドコモとNECが、マルチベンダ構成のO-RAN仕様準拠の5G基地局でSA方式の接続試験に成功

モバイル/無線 無料

 ドコモとNECは12月2日、O-RANのオープンインターフェース仕様に準拠した5G基地局装置の親局(CU/DU)を用い、5G SA方式において、異なるベンダの子局(RU)との相互接続試験に成功したと発表した。

 今回のマルチベンダ接続は、ドコモの商用ネットワークで運用されているNSA方式のNEC製5G CU/DUのハードウェアを、ソフトウェアのアップグレードのみでSA方式に対応させる開発を行うことで実現した。これにより、5G CU/DUのハードウェアはそのままで、NSA方式からSA方式へシステムの移行が可能となる。また、既存のNSA方式との混在も可能なため、柔軟かつスピーディに5Gネットワークを高度化することができる。
 ドコモは「今後、さらなる5Gサービスの拡大に向け、SA方式サービスへ本5G CU/DUの導入をめざす」としている。

4Gコアと5G基地局を組み合わせたNSA方式から5Gコアと5G基地局を組み合わせたSA方式へ移行

 SA方式は、法人向けソリューションの充実や高度化を含め、5Gに求められる多様なニーズに対応することが期待されている。そのマルチベンダ接続の実現により、接続可能な5G基地局装置のラインアップが拡大するため、各ベンダの装置の特長を活かし、ユーザ数やサービス内容に応じた柔軟なエリア設計が可能となり、迅速な5Gサービスエリアの展開を実現することができる。

 両社は「今後も、今回開発した5G CU/DUのドコモ商用ネットワークへの導入に向けて検証を行い、5Gエリアの拡大と安定した通信の提供をめざして基地局装置の高度化を進める」との考えを示している。

関連記事

モバイル/無線

無料 Dhostが、新しいブランドアイデンティティとAPACにおけるテクノロジー・ソリューションの拡大を発表【エクシオグループ】

 エクシオグループは6月24日、グループ会社である「ビル内ニュートラル・ホスティング・サービス※」を提供するdhost(ディーホスト)の新しいブランドアイデンティティを日本で発表した。  エクシオグループは「Dhostは…

更新

続きを見る