光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

InterBEE 2016に見る映像伝送と通信の最新製品【日鐵住金溶接工業】

特集 有料

 日鐵住金溶接工業は、世界有数の鉄鋼メーカーである新日本製鐵および住友金属工業各々の溶接部門を担当していた日鐵溶接工業と住金溶接工業が会社分割によって事業統合・設立した企業だ。

 長年培われた溶接材料の製造技術により、細径フレキシブル金属管で保護した強化型光ケーブル「ピコフレキ」や、その「ピコフレキ」から派生した「ピコドラム」が開発され、電線のように手軽に扱える光ファイバとして放送、通信インフラ市場で実績を伸ばしている。

 ステンレスの金属管の中に光ファイバを入れた「ピコフレキ」は、保護管に通す必要はなく、人に踏まれても問題なく、さらにネズミ等にも噛み切られることもないので、IP LIVE PRODUCTION SYSTEM に最適だ。ブースでは、こうした映像伝送システム構築における同社製品の優位性を紹介。また、フルスペック8K信号を光ケーブル1本で伝送できる24心タイプの「ピコドラム」や、フレキシブル金属管「光カメラケーブル」が参考展示され、注目を集めていた。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

特集

有料 4K/8K機器の伝送トレンドを探る【TOP】

 音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2018」が11月14日より3日間、幕張メッセにて開催された(主催:JEITA)。今回は過去最多となる出展者数1,152社・団体(うち海外34カ…
更新

続きを見る

映像伝送/CATV

無料 8K 2SI伝送実験に技術協力 8K映像を2SI分割 4Kエンコーダ/デコーダでの衛星通信送受信に成功【アストロデザイン】

 アストロデザインは5月14 日、スカパーJSAT、富士通と共同で通信衛星を使用した8K映像伝送実験を行い、アストロデザインの8K変換技術の活用により、現行の4Kエンコーダー/デコーダーでの8K映像送受信が可能であること…

更新

続きを見る