光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

スマートファクトリーにおける伝送インフラ(5)

特集 有料

 マシンビジョンシステムの次世代インターフェースとして注目されているCoaXPress規格は、1本のケーブルで最高6.25Gbpsを伝送し、4本の同時接続で最高25Gbpsの高速通信が可能となるので、現在、マシンビジョン用インターフェースとして普及しているCamera Link規格(6Gbps)を大きく上回る。ビデオ、通信、制御、電源の転送を行うことができ、100mを超える伝送を同軸ケーブルで実現できる。

 本特集の最後はCoaXPressを光変換する機器と、CoaXPressの画像信号を分散処理する製品を紹介する。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

FOCUS

有料 学校設備で実績を伸ばすイーサネットスイッチ、光メディアコンバータ。コロナ禍により停滞した市場では付加価値等で改善を目指す【FXC】

 FXCではWDMやオプティカルトランスポート製品など様々なネットワーク機器を製造、販売しており、L3やL2のイーサネットスイッチ、PoEスイッチ、光メディアコンバータ、そしてこれらと組み合わせても利用で…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 つくばフォーラム2018Preview【FXC】

●Ethernet OAM対応の小型メディアコンバータや、1Uサイズの200G伝送装置  FXCでは、ハイエンド新製品Ethernet OAM対応メディアコンバータ…
更新

続きを見る