光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Inter BEE 2017 Review【放送業界で求められる光ケーブル】

特集・最新記事 有料

 光ケーブルはメタルケーブルと比べて細径、軽量、そして伝送距離が長いことから、放送業界では屋外での撮影にも耐える頑強な光ケーブルが使われている。特に4Kの伝送帯域や伝送距離の観点から光ケーブルの需要が増加して以降は、建屋内でも光ケーブルへのマイグレーションが進んでおり、メタルケーブルと同等の扱いやすさが求められている。光ケーブルの耐久性や屈曲性を高める方法や強度は各ベンダにより異なるので、ユーザは利用シーンにあったものを選択できる点も普及の一因と言える。
 この項では、放送業界向けに提案されている各種光ケーブルについて纏めた。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。