光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

「ケーブル技術ショー2019」Review【東洋紡エンジニアリング】

特集・最新記事 有料

 東洋紡エンジニアリングはCATV設計プロジェクトやデータを一元管理できるソリューションを提案。CATV業界におけるCADシステム、Webシステム、光施設設計用のCADシステムなどが紹介されていた。
 担当者は「弊社の製品はオープンフォーマットのAutoCADでデータを扱うので、既にAutoCADのスキルをお持ちの方はトレーニングをすることなく使いこなすことができる。売れ行きは好調で、CATV専門の製品だが、光ファイバを敷設する他の業種からもお引き合いが増えている状況だ」と話す。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。