光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

データセンタ400G 2kmと10km光リンクをサポート【CWDM8グループ】

海外TOPICS 有料

 CWDM8 MSAグループは、業界コンソーシアム形成を発表した。コンソーシアムは、互換性のあるデュプレクスシングルモードファイバで2kmと10km 400Gbpsインタフェースの光仕様の定義と普及促進に専心している。

 新しいデータセンタの帯域と拡張ニーズに応え、12.8Tbps Ethernetスイッチや他の50G SERDESをもつ先進的ネットワーキング装置をサポートするために、CWDM8 MSA参加者は、波長あたり50G光NRZ変調を用いてコスト効果の優れた低消費電力400Gデュプレクスシングルモードオプティクスを実現する光リンク仕様を開発している。同時に、標準の50G PAM4電気インタフェースとの完全適合性を維持する。これらの光インタフェースは、QSFP-DD、OSFP、COBOなどの次世代のモジュールフォームファクタに実装でき、他のアプローチに比べて、大幅にTime to Marketとパフォーマンス優位性があると考えられている。MSA参加者は、光学的適合性互換性のある製品を供給しながら、多様な、競争力のあるサプライチェーンを作ることを目的に独自の技術を進めることで業界ニーズ対処できると考えている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

期間限定無料公開

有料 光コネクタ需要動向を探る【扇港産業】

 扇港産業は、光コネクタの開発力とグローバルなサポート力で通信インフラの発展を支えている企業だ。同社の光コネクタは、品質やコストパフォーマンスだけでなく、ユーザの声を反映…
更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る