光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

データセンタ400G 2kmと10km光リンクをサポート【CWDM8グループ】

海外TOPICS 有料

 CWDM8 MSAグループは、業界コンソーシアム形成を発表した。コンソーシアムは、互換性のあるデュプレクスシングルモードファイバで2kmと10km 400Gbpsインタフェースの光仕様の定義と普及促進に専心している。

 新しいデータセンタの帯域と拡張ニーズに応え、12.8Tbps Ethernetスイッチや他の50G SERDESをもつ先進的ネットワーキング装置をサポートするために、CWDM8 MSA参加者は、波長あたり50G光NRZ変調を用いてコスト効果の優れた低消費電力400Gデュプレクスシングルモードオプティクスを実現する光リンク仕様を開発している。同時に、標準の50G PAM4電気インタフェースとの完全適合性を維持する。これらの光インタフェースは、QSFP-DD、OSFP、COBOなどの次世代のモジュールフォームファクタに実装でき、他のアプローチに比べて、大幅にTime to Marketとパフォーマンス優位性があると考えられている。MSA参加者は、光学的適合性互換性のある製品を供給しながら、多様な、競争力のあるサプライチェーンを作ることを目的に独自の技術を進めることで業界ニーズ対処できると考えている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

テレコム

無料 アルテリア・ネットワークス、 異なる2ルート、単一波長、再生中継無しの条件下で 日本初、東京-大阪間400Gbpsに成功

 アルテリア・ネットワークスは2月20日、日本で初めて(※1)東京―大阪間の異なる2ルートの商用環境において単一波長、再生中継無しで400Gbpsの安定した長距離伝送に成功したことを発表した。 ※1:東京-大阪間、異なる…

更新

続きを見る