光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Credoが新しい400G /800G MACsecデバイスを発表

海外TOPICS 有料

 Credoは10月12日(サンノゼ)、400Gおよび800Gネットワーク用の第二世代メディアアクセス制御セキュリティ(MACsec)ソリューション‘Osprey’ファミリを発表した。
 Credo は「Ospreyデバイスは競合デバイスと比較して40%の省電力を実現し、最も要求の厳しいデータセンタ環境で使用される10Gから400 Gポート相互接続のIEEE 802.1AE MACsecおよびインターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) 標準をサポートする、業界で最も包括的な PHY デバイス ファミリを提供できる」としている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

SpecialReport

有料 5G時代におけるNokiaの製品展開

期間限定無料公開記事ピックアップ  続いて登壇した、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社 代表執行役員社長のジョン・ランカスターレノックス氏は、開会の挨拶の中で「今回はサステナビリティが主…
更新

続きを見る

海外TOPICS

有料 FUNETとADVAが800G長距離デモで業界初のスコア

 ADVAは11月4日、フィンランドの大学および研究ネットワーク(FUNET)を運営するCSC IT科学センターが、ライブネットワークを通して800Gbpsの伝送距離における業界記録を樹立したと発表した。…
更新

続きを見る