光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

STLが、ソフトウェアをハードウェア層から分離したクラウドネイティブpFTTXを発表

海外TOPICS 有料

 STLは12月20日(ダラス)、Programmable FTTx(pFTTX)を一般提供すると発表した。

 pFTTXは、ソフトウェア定義でオープンなディスアグリゲーションを実現。VMware Telco Cloud Infrastructure 2.0 OpenStack Editionプラットフォームの認定済みだという。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事