光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

自動運転に向けた車載ネットワークの設計を効率化【東陽テクニカ】

IoT/AI/VR 無料

Time Critical Networks社と総代理店契約締結
車載イーサネットシミュレータ「TCN TimeAnalysis」の販売開始

 東陽テクニカは11月27日、長年にわたりイーサネット技術を研究しているTime Critical Networks社と総代理店契約を締結し、車載イーサネットシミュレータ「TCN TimeAnalysis」を2018年12月3日より本格販売すると発表した。

 「TCN TimeAnalysis」は、イーサネットを使った次世代の車載ネットワークをPC上で疑似し、データ転送能力を予測、ネットワーク構成の問題点を洗い出すシミュレーションソフトウェア。設計段階で高精度・正確な動作検証ができ、設計品質の向上、後戻り工数の削減、ハードウェアを用いた試行回数の低減など、開発期間の短縮と費用の削減に寄与する。
 東陽テクニカは車載ネットワーク構成機器の性能などを検証する測定装置を販売しており、「今回車載イーサネット用シミュレータをラインアップに加えることで、設計から検証まで一貫したソリューションを提供、自動車分野におけるイーサネットの普及に取り組んでいく」としている。

「TCN TimeAnalysis」を用いた車載ネットワークの設計画面

 自動運転の実現には、カメラやLiDARなどによるセンシング技術が不可欠だが、それらの機器が生成する大量のデータを送信するための仕組みが必要になる。そこで、現行のCANの100倍の伝送速度をもつイーサネットによる大容量データ送信が注目されており、今後、車載ネットワークへの導入が加速すると考えられているが、ネットワークの設計にあたっては、CAN とは異なるイーサネットの特性を考慮した手法が必要となる。加えて、実際にハードウェアを使ってネットワークを構成し検証する手法では、大幅な時間と手間、費用がかかる。
 TCN 社は長年にわたりイーサネット技術を研究している会社で、その技術と知見を結集した車載イーサネットシミュレータ「TCN TimeAnalysis」は、イーサネット上のデータのふるまいを高精度・正確に予測できるソフトウェア。PC 上で、センサ、ECU、スイッチなどのノードを配置・接続して自動車のネットワークを設計し、各ノードが送信するデータのパターンを定義、設計したネットワーク上におけるデータの転送遅延やロスの有無などを予測する。ネットワークの設計は直感的な操作で行え、シミュレーション結果はグラフィカルに表示されるので、ネットワークにおけるボトルネックの割り出しなどを容易に行うことができる。
 東陽テクニカは「設計段階で高精度・正確な動作検証ができるため、設計品質の向上、後戻り工数の削減、ハードウェアを用いた試行回数の低減など、開発期間の短縮と費用の削減に寄与する」としている。
「TCN TimeAnalysis」の主な特長は以下の通り。

  • 直感的な操作で、ネットワークの設計を実施
  • イーサネットの動作に基づき、データトラフィックのふるまいを正確に再現
  • 転送遅延、データロス、遅延のゆらぎなど、多様な項目を表示