光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

クラウドデータセンタ間接続用120km伝送可能な400G QSFP56-DD/OSFP ZR トランシーバを製品化【FOC】

データセンタ/LAN 無料

 富士通オプティカルコンポーネンツ(以下、FOC) は2月28日、クラウドデータセンタ間接続用途に適用する120km伝送可能で小型、低消費電力なQSFP56-DD、およびOSFPフォームファクタの400Gbps (以下400G) ZRトランシーバを製品化したと発表した。
 同製品はOptical Internetworking Forum (OIF) Implementation Agreement 400ZRへ準拠し、小型のQSFP56-DD/OSFPフォームファクタを実現したことで、従来のデータセンタ内のルータ、スイッチへ直接インストールすることができ、データセンタ間接続の400GコヒーレントDWDM伝送を容易に可能とし、大容量化を実現できる。

今回発表された二種類の400G光トランシーバ

 IoT、AI(Big Data)、ストリーミングコンテンツによるクラウドサービス増大を背景に、光ネットワークの大容量化ニーズは継続拡大している。一方、インターネット コンテンツ プロバイダなどが、都市周辺の離れた場所にある複数のデータセンタをシームレスに相互接続し、大規模なクラウドデータセンタ ネットワークを構築するハイパースケール データセンタが台頭し、データセンタ間を結ぶデータセンタ インターコネクト(DCI)の大容量化、低コスト化への要求が急速に高まっており、これらの要求に対応するため、OIFにおいて次世代DCIネットワーク向け400Gトランシーバ「400ZR」の仕様化が進められている。
 今回、FOCが開発した400G ZRトランシーバは、OIF Implementation Agreement 400ZRに準拠しており、7nm CMOSプロセスのコヒーレントDSPとシリコンフォトニクス集積光デバイス、高密度実装技術により、小型かつ低消費電力なQSFP56-DD/OSFPフォームファクタを実現した。
 これにより、コヒーレンントトランシーバのスイッチ・ルータへの直接インストールが可能となり、現在実用化されている100/200GのCFP2-DCO、CFP2-ACOなどのコヒーレントトランシーバに比較して、400G DWDM伝送を容易にし、大容量化を実現できる。同社は「他社製品とのインターオペラビリティ性を確保している」という。

製品の特長

  • 最新の7nm CMOSプロセスを適用した高性能、小型、低消費電力のコヒーレント DSP、及び小型、低消費電力のSilicon Photonics COSA、ITLAを採用することにより、小型プラガブルタイプのQSFP56-DD、およびOSFPフォームファクタに準拠した低消費電力の400G ZRトランシーバを実現した。
  • OIF Implementation Agreement 400ZRへ準拠することにより、他社製品とのインターオペラビリティを確保しており、ユーザが複数のベンダから購入できる利便性を確保している。
  • 同製品は、複数のデータセンタをシームレスに相互接続することを可能とし、データセンタのアベイラビリティの向上、トラフィックの分散・最適化、リソースの効率化を可能とする。

 今回発表された製品は、NEDOの助成事業の成果を(一部)活用しているという。

関連記事

テレコム

無料 アルテリア・ネットワークス、 異なる2ルート、単一波長、再生中継無しの条件下で 日本初、東京-大阪間400Gbpsに成功

 アルテリア・ネットワークスは2月20日、日本で初めて(※1)東京―大阪間の異なる2ルートの商用環境において単一波長、再生中継無しで400Gbpsの安定した長距離伝送に成功したことを発表した。 ※1:東京-大阪間、異なる…

更新

続きを見る