光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

三菱電機が統合IoT「ClariSense」を展開開始

IoT/AI/VR 無料

機器に対する知見や技術資産を一元的に整備し、付加価値の高い新たな製品やサービスを創出

 三菱電機は5月28日、付加価値の高い新たな製品やサービスの創出を目指し、同社の統合IoT「ClariSense(クラリセンス)」を構築し、同社および同社グループ内に展開すると発表した。
 「ClariSense」は、総合電機メーカーとして同社が強みとする様々な機器に対する知見や同社AI技術「Maisart(マイサート)」、セキュリティなどの技術資産を、IoTシステム統一設計ガイドラインやソリューションライブラリなどに統合、一元的に整備したもので、今後さらに拡充するという。三菱電機は「『ClariSense』を当社グループ内で共有・活用することで、迅速なIoTシステム・ソリューションの開発が可能となり、付加価値の高い新たな製品やサービスを創出していく」との考えを示している。

「ClariSense」の特長

機器の知見や技術資産を統合・一元化することで、付加価値の創出を加速

  • 三菱電機が強みとする機器の知見やAI・セキュリティなどの技術資産を、IoTシステム統一設計ガイドライン、ソリューションライブラリなどに統合し、「ClariSense」として一元的に整備・拡充。ソリューションライブラリの機能の組み合わせなどにより、付加価値の高い新たな製品やサービスの創出を加速

実装形態に自由度を持たせ、機器やシステムの特性に応じたIoTシステムを開発可能

  • IoTシステムの構成とインターフェースのみを定義したIoTシステム統一設計ガイドラインにより、自由度のある実装形態
  • 機器やシステムの特性、用途に応じた最適なIoTシステム・ソリューションの開発が可能となり、信頼性や堅牢性が求められる社会インフラ向けIoTシステムやリアルタイムに問題を発見・解決するFA向けIoTシステム、ビル内機器からスマートフォンまで柔軟に連携するビル設備管理向けIoTシステムなどに対応

標準APIを採用することで、グループ内外のシステムと連携可能

  • 業界標準に準拠したAPIや通信プロトコルを採用することで、「ClariSense」に基づき開発したIoTシステムとグループ内外のシステムとの連携が容易
  • システム連携により、顧客との連携や事業分野をまたがる統合ソリューションを効率的に実現

背景と狙い

 現在、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、さまざまな分野でIoTシステムの活用が進んでおり、その市場規模は2022年には100兆円を越えると予測されている。
 三菱電機は、社会・電力インフラ向けでは設備の運用・保全業務の効率化に貢献するIoTプラットフォーム「INFOPRISM(インフォプリズム)」を、FA向けでは開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するFA-IT統合ソリューション「e-F@ctory(イーファクトリー)」を、また、家電製品、ビル設備などでも各種機器に関するさまざまなIoTシステム・ソリューションを開発してきた。同社は「これらのIoTに関する実績や、各種機器に対する知見、AI・セキュリティなどの技術資産を『ClariSense』で共有・活用し、付加価値の高い新たな製品やサービスを迅速に創出することにより、インフラ、モビリティ、ライフ、インダストリの4つの領域での社会課題の解決に貢献していく」という。