光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ノキアは、オープンなモバイルの将来を牽引するために、Open RAN技術の可能性を促進

モバイル/無線 無料

 ノキアは7月15日(エスポ―)、AirScaleの製品群においてOpen RAN(O-RAN)インターフェイスの採用を急拡大することで、業界におけるオープンソリューションのリーダーシップ強化を発表した。
 この無線アクセスネットワーク(RAN)のポートフォリオの強化は、世界クラスのネットワークパフォーマンスとセキュリティを確保しながら、オープンで革新的なエコシステムと、強固な通信サプライチェーンを可能にすることを目的としている。

 オープンインターフェースを含むこれらの新しいO-RAN機能は、ノキアの既存のAirScaleソフトウェアの上に構築され、ノキアの既存の無線製品と同様の高性能、機能の拡張性、および強固なセキュリティ規格を提供する。既存のソリューションの上にオープンなインターフェイスを構築するというアプローチを採用することで、ノキアは、通信事業者がO-RANパスを選ぶかどうかにかかわらず、通信事業者の将来のネットワークアーキテクチャの準備をサポートする。O-RAN機能の最初のセットは今年から利用可能になり、O-RANで定義されたインターフェイス一式は2021年に利用可能になる予定だ。

 O-RANにコミットしている唯一のグローバルRANプロバイダとして、ノキアのO-RANへの投資額は加速的に大きくなり、O-RANへのコミットメントは確実なものになっている。こうした背景により、通信事業者だけでなく、規制当局や政治的意思決定者も、5Gインフラストラクチャの競争力やセキュリティを心配せずに、通信サプライチェーンを守るオープン性を受け入れることができるという、より大きな保証を得ることができる。ノキアはすでにO-RAN に多大な投資を行っており、RAN インテリジェント・コントローラ(RIC)とオープン・フロントホールの早期導入をリードしている。
 ノキアは最近、次世代AirScale Cloud RAN ポートフォリオも発表した。ノキアのソリューションはRAN、Cloud RAN、およびO-RAN にわたって同じソフトウェア・トランクを使用するため、ノキアのユーザは、類を見ない適応性からメリットを得ることができ、ネットワークの機能、パフォーマンス、またはセキュリティを犠牲にすることなく、ネットワークアーキテクチャを定義することができる。

 ノキア モバイル・ネットワーク部門長であるトンミ・ウイット氏は「私たちは、優れたネットワークパフォーマンスとセキュリティを備えた堅牢な通信エコシステムの実現を目的として、Open RAN およびCloud RAN ソリューションに投資し、オープンなモバイルの未来をリードしていくことをお約束する。ノキアのCloud RANソリューションはマーケットをリードしており、クラウドネイティブ・アーキテクチャへの進化を続けている。このテクノロジーに対するお客様のニーズの高まりに応えられるような規模と機能を備えている。このテクノロジーは、ノキアならではの世界クラスのネットワークパフォーマンスとセキュリティに裏打ちされたものだ」とコメントを出している。

 Mobile Experts 主席アナリストのジョー・マッデン氏は「O-RAN の柔軟性が向上したため、現在、いくつかの通信事業者がOpen RAN にコミットしています。新規の通信事業者はネットワーク全体でOpen RAN と代替ハードウェアベンダーに全面的にコミットしている。従来の通信事業者はO-RAN を使って、複雑なネットワークに適合する革新的な新製品のチャンスをつくっている。この全体的なトレンドとして、エコシステムが強化され、特殊な無線がアプリケーションの無限の多様性に対応できるようになっている。ノキアは、O-RANインターフェースの開発に積極的に取り組んでいる唯一の大手ベンダで、ノキアの5G RANソリューションは、通信事業者が求めている将来のオープンなエコシステムをサポートしていくことができる」とコメントを出している。

関連記事

モバイル/無線

無料 世界初、大容量化・エリア構築性に優れたモバイルネットワーク向け光ファイバ無線の伝送実験に成功【KDDI総合研究所、矢崎総業、早稲田大学、NICT】

屋内不感地帯を効率的に解消、Beyond 5G/6Gへの拡張も可能  KDDI総合研究所、矢崎総業、早稲田大学、NICTは12月7日、大容量の無線信号を収容局からビル内まで効率よく配信する「光ファイバ無線技術」を開発し、…

更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 KDDIと東京大学、ポスト5G時代の通信インフラの省電力化やAI主導の運用技術の研究が経済産業省・NEDOに採択

 KDDI、東京大学は12月4日、NEDOが行った「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業/先導研究」に関わる公募に対して、「超知性コンピューティングアーキテクチャの研究開発」を提案し、2020年10月27日に採…

更新

続きを見る