光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

産業用動作温度に対応した5GデュアルSIMルータを発売【ハイテクインター】

DX/IoT/AI 無料

 ハイテクインターは4月、デュアルSIM、マルチキャリア・ローカル 5G対応産業用ルータ「HW5G-3200-V2」を発売する。
 この製品は、-30~+60℃までサポートする「広範囲動作温度」に対応しており、長時間の連続稼働にも耐えうる筐体設計をしているため、屋外のBOX 設置でのネットワーク構築や、重機に搭載しての遠隔操作などにも利用できる。同社は「5Gは非常に期待値も高く、盛り上がっているが、対応できるルータは動作温度0~40℃程度で、連続稼働すると熱暴走などの動作不良が起こるなど、業務利用にはまだ課題がある。そこで弊社は、屋外や寒冷地などの過酷な環境に対応した産業用5Gルータを発売する」としている。

 モジュール仕様上の最大速度理論値は下り~4Gbps、上り~700Mbps となっており、4K 映像等の大容量データも伝送可能だ。NTT DOCOMO、KDDI、Softbank のキャリアネットワークに対応。Sub6周波数帯域(4.6GHz~4.9GHz)もサポートしており、SA/NSA両方式で使用できる。接続が不安定な場合にSIM1⇔SIM2、SIM⇔有線などで回線を切り替えて使えるフェイルオーバー機能を有しているので、通信が途切れては困る業務用途でも安心して使うことができる。

「HW5G-3200-V2」の利用イメージ。Sub6帯域サポートにより、重機操作や屋外での4K映像伝送に使える5G環境の構築を実現。

関連記事

海外TOPICS

有料 Nokiaが5G特許で1位にランク付け

 Nokiaは4月28日(エスポー)、独立したアナリスト企業であるPAコンサルティングが、Nokia が5G特許のナンバーワンとしてランク付けしたことを発表した。
更新

続きを見る