光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ノキアがReefShark技術を採用した次世代のAirScale 5G製品群を発表

モバイル/無線 無料

 ノキアは6月24日(フィンランド)、業界をリードするAirScale 5G製品の最新シリーズの発売を世界中で開始すると発表した。
 同製品群には、ベースバンド、リモート無線ヘッド、デジタルビームフォーミングを備えたMassive MIMOアクティブアンテナが揃っている。この革新的なソリューションは、ノキアの最新世代のReefSharkのシステムオンチップ(SoC)のチップセットを搭載し、最大の容量とネットワーク性能を実現するとともに、効率的な展開と運用を可能にする。新製品の展開はすでに始まっている。

 ノキアは、新世代のReefShark搭載AirScale Massive MIMOアンテナとして、32TRXおよび64TRX両製品と8T8Rリモートラジオヘッドソリューションを発表した。32TRXは、業界最軽量17kgを実現し、サイトの展開を簡素化および高速化する。また、軽量化と同時に、高周波数帯域幅(200 MHz占有帯域幅および400 MHz瞬時帯域幅)をサポートすると同時に、高周波数の無線出力を妥協することなく実現している。
 新製品の32TRXおよび64TRXのマッシブMIMOアンテナは、フラグメント化されたスペクトルとネットワーク共有の両方のケースに対応している。

 ノキアはまた、AirScale System Moduleの容量を増強するために、SoCベースの新しいプラグインカードを発表した。
 新世代のReefSharkを搭載したプラグインカードは、前世代に比べて最大8倍のスループットを実現し、最大8倍のセル数に対応する。簡単に設置でき、すべてのAirScale導入のアップグレードと拡張操作を簡素化する。
 ノキアのベースバンドモジュールは9万人の接続ユーザを同時にサポートし、スループットは84Gbpsになる。また、高効率のReefShark搭載のプラグインカードは、消費電力も最大75%削減する。
 ノキアのモジュール式ベースバンドAirScaleでは、携帯電話事業者が5Gビジネスの発展に合わせて、容量を柔軟かつ効率的に拡張することを可能にする。

 ノキアのSingle RANソフトウェアに5Gが追加されたことで、5Gの展開を加速する。
 さらに、共通のトランスポート、共通の操作性、共通のソフトウェア提供、ハードウェア共有の増加によりネットワーク効率が向上し、無線アクセスネットワーク全体の総所有コストを削減する。
 ノキアのSingle RANソフトウェアと新しいベースバンドプラグインカードの組み合わせにより、マルチモード(2G、3G、4G、5G)とマルチバンドが提供され、単一ベースバンドプラットフォーム上で最新のフロントホール・インターフェイス(eCPRI)がサポートされるため、ネットワークが簡素化され、コストが削減される。

 ノキアのAirScaleベースバンド・アーキテクチャは将来に備えて設計されており、無線トラフィックに対する増大する需要をサポートする。
 L1およびL2コンピューティングをL3およびトランスポートのベースバンド・プラグインユニットと分離することで、ネットワーク内で必要な時に必要な場所に容量を追加できる。ネットワークのバージョンアップは、ソフトウェアをアップグレードするか、既存のベースバンドに新しいプラグインユニットを追加するだけで実現できる。

 また、ノキアのReefsharkチップセットは、将来の人工知能(AI)や機械学習(ML)の機能においても重要な役割を果たす。
 ノキアはすでに、予測型ロードバランシング、異常検知、インテリジェント・トラフィック・ステアリングなどの分野でAIとML機能を導入している。ノキアのすべてのReefsharkプラットフォームはAIとMLに対応しており、ノキアは今年、Massive MIMOのビームパターン最適化、省エネルギー、高度なトラフィック・ステアリング、高度なパケット・スケジューリング、アラーム・パターン検知などの革新的な分野で、ユーザとともに実証実験を行っている。

 IDCのIoTおよびモバイルネットワークインフラストラクチャのシニアリサーチアナリストであるパトリック・フィルキンズ氏は「5Gネットワークは、特に高い帯域幅が必要な場合に、ネットワークの容量とパフォーマンスを向上させるために不可欠だ。ノキアの新しい製品群は、携帯電話事業者が柔軟に容量を拡張できるようにするとともに、既存の技術から5Gへの移行を簡単かつコスト効率よくスムーズに行えるようにすることで、これらの懸念に対処している。無線とベースバンドの両方にノキアのReefShark SoCを搭載することで、パフォーマンスと容量が向上し、新しいMassive MIMOアンテナは、パフォーマンスを損なうことなく軽量化を実現するための新たな基準となりました。これらのソリューションは、容量の拡大が急務となり、ますますダイナミックになっているモバイルサービスへに対応する携帯電話事業者をサポートする。

 ノキアのモバイル・ネットワーク部門のプレジデントであるトミー・ウィット氏は「ReefSharkを搭載した新世代のAirScaleおよびベースバンド製品は、弊社のビジネスの変革が成功し、市場をリードする製品を世界中のお客様に提供できることを証明している。ノキアの新しい製品群により、通信事業者は、シームレスでシンプルかつ効率的な“プラグイン”の導入により、最高の速度、容量、および接続性を備えた最先端の5Gエクスペリエンスを一般ユーザと企業の両方のお客様に提供できるようになる。弊社の新しいAirScale製品はO-RAN対応だ。また、消費電力を削減し、気候変動に対する弊社の取り組みを強調している。お客様がこれらの製品を導入し、5G技術の変革を目にすることを楽しみにしている」とコメントを出している。

関連記事