光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

KT、富士通、NTTドコモが、韓国でオープンRANの検証設備構築と接続試験成功にむけて協力

モバイル/無線 無料

「5GオープンRANエコシステム」と連携し、オープンRAN導入を推進

 KT Corporation(以下、KT)と富士通は1月6日、韓国のソウル特別市にあるKT研究開発センターにオープンRANに対応した富士通製の5G基地局を導入した検証設備を、NTTドコモによる富士通への技術協力のもとで構築し、オープンフロントホールにおける接続試験に成功したと発表した。この検証設備により、KTは韓国の5GネットワークへのオープンRANの導入検討を推進するという。

 今回の試験成功を受け、NTTドコモが富士通などのパートナー企業と推進している「5GオープンRANエコシステム」と連携し、ソフトウェア基地局(以下 vRAN)やRANインテリジェント制御部(以下 RIC)などの導入を3社共同で推進する覚書を締結し、1月6日から取り組みを開始する。
 また同覚書において、3社は韓国におけるさらなるオープンRANの検証設備の構築とマルチベンダ相互接続試験での協力についても合意した。
 3社は「今後、オープンRANのグローバルな普及をめざすとともに、市場をリードするイノベーションの創出を推進していく」との考えを示している。

 韓国では5Gモバイルネットワークの普及が進んでおり、今後さらなる5Gの需要の拡大が見込まれる。こうした中、KTはオープンRAN導入によるマルチベンダ化での機器調達や構築コストの削減のほか、柔軟なネットワーク構築を促進させるため、富士通とオープンRAN検証設備を構築し、2021年10月にO-RANのオープンフロントホールによるマルチベンダの相互接続試験を実施した。
 同検証設備で使用された富士通製の5G基地局は、O-RANの技術仕様に準拠した基地局として、NTTドコモにより世界で初めて商用サービスに採用されたもので、富士通製の5G基地局内の親局(CU/DU)と、韓国中堅ベンダの5G基地局内の無線子局(RU)との接続検証および、エンド・ツー・エンドの通信試験を行い、O-RANの技術仕様に準拠した動作を確認した。
 富士通はKTへの5G基地局の納入および検証サポートを担い、NTTドコモは富士通へのマルチベンダ相互接続試験に関する技術サポートを行った。

 KTは将来的にオープンRANに対応したvRANやRICの導入に向けた検証設備の拡張も行う予定だ。今後、「5GオープンRANエコシステム」の活動の一環として、3社連携して取り組むことも検討していくという。

関連記事

モバイル/無線

無料 ノキアがO-RANフロントホール対応装置の提供準備。NTT ドコモとマルチベンダ5G運用に向けた試験を開始

 ノキアは12月8日(エスポー)、O-RAN フロントホールのマルチベンダー・ソリューションをNTT ドコモの5Gネットワークに提供する準備が整ったことを発表した。  これは、ドコモの研究所での試験が成功したことによる発…

更新

続きを見る