光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

NICT「Beyond 5G研究開発促進事業」の新規委託研究に、「NTNノードのネットワーク化技術開発とカバレッジ拡張ユースケースのシステム開発・実証」の提案課題が採択【スカパーJSAT】

モバイル/無線 無料

 スカパーJSATは1月24日、NICTより公募されていた「Beyond 5G研究開発促進事業」の新規委託研究に日本電信電話、NTTドコモ、パナソニックと4社共同で応募し、提案課題「NTNノードのネットワーク化技術開発とカバレッジ拡張ユースケースのシステム開発・実証」が採択されたと発表した。
スカパーJSATは「2021年10月22日付でNICTと委託契約を締結し、本研究開発を開始した」としている。

研究開発の概要

今回発表された研究開発の全体概要図

 同研究開発は、NICTが公募したB5Gの「超カバレッジ拡張」実現に向けた非地上系ネットワーク(NTN:Non-Terrestrial Network)に係る研究開発」を行うもの。B5Gは、各国で導入が進みつつある5G以降の世代の通信規格として、2030年代の導入が見込まれており、5Gの性能をさらに高度化させ、NTNによる上空・海上・宇宙へのユースケースに応じたサービスカバレッジの拡張が特に期待されている。

 この研究開発では、静止衛星、低軌道衛星及び成層圏プラットフォーム(以下、HAPS)などNTNのタイプに応じて個別ノード毎に地上網と接続されていたものを、Ku/Ka帯に加えてQ/V帯の高い周波数帯、さらに光通信を利用してNTNのノード間を相互接続することで、多層的なネットワークを構築して、地上網と統合する技術開発を行う。また、地上網と統合されたNTNリソースをユースケースの通信要件に対応して適切に確保・利用するため、状況に応じて迂回させるようなネットワーク制御技術を開発して、B5G網全体の最適化を自律的に行えるような情報通信基盤の確立をめざす。

 これにより、陸・海・空問わず広域に渡って柔軟且つ強靭なネットワークが実現され、例えば交通、物流など安全性が求められる無人・ロボティクスの自動/遠隔制御システムへの基盤となる事も期待される。併せて、典型的なカバレッジ拡張のユースケースの開発実証を行い、適用可能性を追求するという。

 4社は「本研究開発成果であるNTNによる『超カバレッジ拡張』は、災害対策はもとより、海上、上空、宇宙等を利用するネットワーク構築のフレキシビリティー向上(時間・場所の制約軽減)によって、B5G時代における多様な産業向けユースケースとして利活用されることが期待されるため、4社共同で本研究開発の成果の最大化に努めていく」としている。

関連記事

テレコム

無料 アークエッジ・スペースが、JAXA「『月面活動に向けた測位・通信技術開発』に関する検討」の委託先に選定

月測位衛星システムや、月―地球間の超長距離通信システムなどの開発を検討  アークエッジ・スペースは1月11日、 JAXAの公募型企画競争「『⽉⾯活動に向けた測位・通信技術開発』に関する検討」の委託先として12月22日に選…

更新

続きを見る