光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ノキアが通信事業者やエンタープライズ向けに、アナリティクス、セキュリティ、収益化のための新SaaSサービスを発表

モバイル/無線 無料

 ノキアは2月21日(エスポー)、通信事業者およびエンタープライズ向けサービスとして、セキュリティおよびアナリティクスの分野で、2つの新しいSaaS サービスを発表した。(本抄訳は日本法人が22日に発表)
 先進的な5Gサービスが展開される中、顧客へのサービス提供とネットワークの運用および収益化を行うための、より柔軟でコスト効率の高い方法を提供するという。

 今回の新サービスは、ノキアが最近SaaS分野に参入したことに続くもので、通信事業者やエンタープライズがサービス提供による価値実現までの時間を短縮するためのものだ。コストがかさみ、複雑なオンプレミスのインフラ上で実行されるカスタマイズされたソフトウェアを使うのではなく、サブスクリプションで実際に使った分だけ支払うオンデマンドのソフトウェアによるアジャイル・モデルに移行することによって時間を短縮する。

 従来のSIMとは異なり、組み込み型SIM(eSIM)と内蔵型SIM(iSIM)は、モバイルネットワーク上のユーザとデバイスを認証するために、複数のサブスクリプション・プロファイルをリモートで保存および管理することができる。iSIM Secure Connectでは、eSIM およびiSIMの管理プロセス全体を自動化するための制御機能が提供され、信頼できるデジタル・アイデンティティに結びついたサービスを収益化するビジネスチャンスを切り開く。

 Nokia iSIM Secure Connect は、SaaSデリバリーモデルを通じて、通信事業者とエンタープライズがeSIMおよびiSIM対応デバイスのマシン間通信およびコンシューマデバイスのサブスクリプションを安全に管理できるようにする。

 5Gネットワークが複雑になるにつれ高度なアナリティクスの必要性が高まり、ノキアは、5G SAアーキテクチャの一部であるNWDAF(Network Data Analytics Function)に基づく新たなSaaS機能によってAVAサービスを強化している。

 Nokia AVA NWDAFは、AI/MLによる閉ループの自動化によってネットワーク運用を強化し、 顧客体験を向上させ、新たな収益源を生み出す。

 分散アーキテクチャとオープンAPIにより、AVA NWDAFはエッジ側での通信事業者によるアナリティスクをサポートする。また、3GPPで定義されたアナリティスク・サービスを実装し、ソフトウェア開発者とのパートナーシップを構築する。

 AVA NWDAFは、今四半期中にSaaSモデルで一般発売される予定だ。Nokia iSIM Secure Connectは現在、SaaSベースで今年の後半に利用可能になる予定で、他の導入モデルの顧客には提供される。
 NokiaのSaaSベースのNetGuard Cybersecurity Dome と Nokia Anomaly Detection は、いずれも2021年11月に発表されたもので、今四半期中に利用可能になる予定だ。
 NetGuard Cybersecurity Domeでは、通信事業者は5Gネットワークを保証し、5Gスライスなどのサービスと結びついたセキュリティを収益化することができる。一方、Nokia Anomaly Detectionは、顧客に影響が及ぶ前にネットワークの異常を検出し、対策をとることを目的とした機械学習サービスだ。

 ノキアは、コア、デジタル運用、収益化、プライベート・ワイヤレスなどの分野で、他の新しいSaaSサービスを今年後半から2023年にかけて紹介していく予定だという。
 ノキアは「SaaSの製品化の進展に伴い、多くのハイパースケール・プラットフォーム上で動作するオープンソースAPI を通じて、必要不可欠な機能を提供したいと考えている。これにより、ノキアの主要なクラウドプロバイダとのパートナーシップや、クラウドネイティブなソフトウェアやその他のテクノロジーに対する継続的な投資を最大限に活用するマルチベンダのSaaSデリバリーのフレームワークが構築される」と説明している。

 IDCのCommunications Service Provider Operations & Monetization Research部門のヴァイスプレジデントであるカール・ホワイトロック氏は「先進的な5Gサービスによって提供される豊富なビジネスチャンスを最大限に活用するために、通信事業者とエンタープライズは、よりスマートでコスト効率の高い方法で顧客に迅速なサービスを提供できる新しい展開モデルを必要としている。ノキアなどのソリューション・サプライヤは、新しい SaaSのセキュリティおよびアナリティクスのサービスを提供し、通信分野における投資のモダナイゼーションと収益化を早める手段としてSaaSに注目している」とコメントを出している。

 ノキアのクラウド&ネットワークサービスの最高技術責任者のラグーブ・サハガル氏は「SaaSベースでNokia AVA NWDAFとiSIM Secure Connectを採用することで、サービスにオンデマンドでアクセスでき、通信事業者やエンタープライズは価値実現までの時間が大幅に短縮できる。お客様がこの最新のNokia SaaSサービスを使って、業界のこれまでのやり方を根本的に変えられるようにすることで、ノキアの業界としてのリーダーシップが強化される」とコメントを出している。

関連記事

モバイル/無線

無料 Dhostが、新しいブランドアイデンティティとAPACにおけるテクノロジー・ソリューションの拡大を発表【エクシオグループ】

 エクシオグループは6月24日、グループ会社である「ビル内ニュートラル・ホスティング・サービス※」を提供するdhost(ディーホスト)の新しいブランドアイデンティティを日本で発表した。  エクシオグループは「Dhostは…

更新

続きを見る